ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 南丹家畜保健衛生所 > 口蹄疫の予防対策を徹底しましょう

ここから本文です。

口蹄疫の予防対策を徹底しましょう

口蹄疫とは

  • 牛、豚、めん羊、山羊、シカ、イノシシ等の偶蹄類が感染する家畜伝染病で、非常に感染力が強く、畜産業界で最も恐れられている伝染病の一つです。
  • 口蹄疫は、人の健康には影響がありません。
  • 発熱、口や蹄の水疱(水ぶくれ)、びらん、潰瘍等が特徴で、口の痛みでエサが食べられず、蹄の痛みで自由に動くことが出来なくなります。

口蹄疫の特徴的症状

牛の特徴的症状

豚の特徴的症状

(写真は宮崎県提供)

口蹄疫を防ぐために

大切な家畜を口蹄疫から守るため、以下のことを徹底しましょう。

  • 農場に出入りする車や持ち込む器具等は必ず消毒しましょう。
  • 農場への出入り記録をつけましょう。
  • 関係者以外の農場への立入は極力避けましょう。
  • 口蹄疫が発生している地域への旅行等は控えましょう。
  • 飼養する家畜が野生動物と接触しないように対策しましょう。
  • 飼養する家畜の健康観察は毎日丁寧に行いましょう。
  • 口蹄疫を疑うような症状があれば、すぐに家畜保健衛生所へ連絡してください。

関連するページへのリンク

口蹄疫発生に伴う京都府の対応について(畜産課)

口蹄疫について知りたい方へ(農林水産省)(外部リンク)

お問い合わせ

農林水産部南丹家畜保健衛生所

南丹市八木町木原北東荘18

電話番号:0771-42-3308

ファックス:0771-42-5117

nantan-kaho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?