ここから本文です。

南丹広域振興局

百日咳の基礎知識

 どんな病気?

主に百日咳菌でおこる急性の呼吸器感染症です。発作性の咳が特徴です。

症状

通常7~10日間程度の潜伏期を経て、普通のかぜ症状で始まります。次第に咳が強くなり、1~2週のうちに特徴ある発作性けいれんの咳(痙咳)となります。

咳は夜間に多く、何らかの刺激が加わると発作が誘発されます。しばしば嘔吐を伴います。 

発熱はないか、あっても微熱程度です。息を詰めて咳をするため、顔がむくむこともあります。
百日咳の発症状況フロー図
患者のほとんどは三種混合(DPT)ワクチン接種年齢に達していない乳幼児か、ワクチン未接種者ですが、ワクチン接種者でも、青年期以降に感染したケースもあり、注意が必要です。 

家庭・幼稚園・保育所・学校などで感染が広がることがあります。

乳幼児では特徴的な咳がみられないこともありますが、時に肺炎や脳症を合併することがあり、注意が必要です。

成人では咳が長期にわたって続きますが、典型的な発作性の咳に移ることはなく、やがて回復します。

軽症であるため、診断が見逃されやすいですが、菌は排出されているため、ワクチン未接種の新生児・乳児への感染に注意が必要です。

感染経路

患者の咳やくしゃみを吸い込むことによります(飛沫感染)。
また、咳やくしゃみで汚染された手指、器物などを介して感染します(接触感染)。

治療法

百日咳菌に対する治療として、抗菌薬が用いられます。早期に治療を開始すれば、症状を軽くしたり、症状のある期間を短くすることができます。
また、適切な治療を受けた場合、5~7日間で人に感染させる危険性はなくなるといわれています。

咳に対しては咳を鎮めたり、痰を出しやすくする薬や、気管支を拡げる薬などが使われます。
また、十分な水分補給が必要となります。

かかってしまったら…

  • 幼稚園・保育所・学校は、医師の許可がでるまで休んでください。
    特に、発病初期は感染力が強いです。
  • 咳エチケットや手洗い、うがいを心がけましょう。
  • 適切な治療を受け、水分補給を心がけましょう。

予防法

  • 手洗い、うがいを心がけましょう。
  • DPTワクチン接種などで基礎免疫をつけましょう。
  • 年齢、予防接種歴に関わらず、家族や濃厚接触者には予防投与されることもあります。

お問い合わせは

京都府南丹保健所 保健室 
(電話 0771-62-2979 ファックス 0771-63-0609)

お問い合わせ

南丹広域振興局健康福祉部 南丹保健所

南丹市園部町小山東町藤ノ木21

ファックス:0771-63-0609

nanshin-ho-nantan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?