ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府南丹広域振興局 > 企画調整室 > ジビエ料理の可能性を追求「京都丹波」ジビエ新メニュー研究会を開催します

ここから本文です。

南丹広域振興局

ジビエ料理の可能性を追求「京都丹波」ジビエ新メニュー研究会を開催します

報道発表日:平成30年8月22日

「森の京都」エリアの魅力ある食材であるジビエの消費拡大を推進するため、昨年度に引き続き、南丹広域振興局、中丹広域振興局、(一社)森の京都地域振興社(森の京都DMO)の共催で、今冬に「森の京都ジビエフェア」の開催を予定しております。
この度、同フェアの開催に先立ち、南丹広域振興局では、料理人になじみの少ないシカ肉の利用方法を紹介し、新たなメニュー開発の契機とし、試食しながらジビエ料理の可能性を学ぶ研究会を下記のとおり開催します。

 

1日時

平成30年8月29日(水曜日)13時~15時30分


2場所

ガレリアかめおか料理実習室(亀岡市余部町宝久保1-1)


3内容

(第1部)ジビエ研究(13時~14時20分)

テーマ:ジビエ(シカ肉)を余すところなく活用する調理法
講師:日本ジビエ振興協会代表理事藤木徳彦(ふじきのりひこ)氏
※藤木氏は「オーベルジュエスポワール」(長野県茅野市)のオーナーシェフでもあります。
内容:講師による実演(5品を予定)
参加:亀岡市、南丹市、京丹波町内の飲食店等 約20名

(第2部)講演(14時30分~15時30分)

テーマ:ジビエ料理の素晴らしさと可能性(仮題)
講師:日本ジビエ振興協会代表理事藤木徳彦氏
内容:講師による講演と試食
参加:第1部出席者及びジビエに携わる関係者(食肉処理業者等) 約40名

4主催

京都府南丹広域振興局

お問い合わせ

南丹広域振興局農林商工部 企画調整室

亀岡市荒塚町1-4-1

ファックス:0771-21-0118

nanshin-no-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?