ホーム > NetTV京都府 > 2ch.クローズアップ!京都府 > 京都のちから・地域のちから「京都丹波高原国定公園」

ここから本文です。

京都のちから・地域のちから「京都丹波高原国定公園」

原生的な自然を有する芦生の森や、日本の原風景が残るかやぶきの里など京都府の中央部に位置し、自然と文化が融合した、丹波高原の広大な区域「京都丹波高原国定公園」が、注目を集めています。
新たに「ビジターセンター」、愛称「京都の森の案内所」が完成。
国定公園を快適に巡ることができる超小型モビリティ「MIYAMOBI(みやもび)」の貸し出しサービスもスタートしました!
ぜひ、「MIYAMOBI」で都会では味わえない、豊かな自然と、どこか懐かしい趣きを感じてみてください。
HP https://kyototamba-vc.com/

新着動画

7月16日更新

コマ大戦への挑戦!対戦用コマ製作

コマ大戦への挑戦!対戦用コマ製作

京都高等技術専門校の機械加工システム科では、全国の様々な製造業の会社が製作したコマを持ち寄り、土俵の上で戦わせる「コマ大戦」に向けて、金属製の小さく精密なコマを製作します。コマ製作はボディや先端の加工といった細かな作業により、回転の精度を高めていきます。

7月16日更新

インテリアとしても最適!個性豊かな灯篭製作

インテリアとしても最適!個性豊かな灯篭製作

京都高等技術専門校プロダクトマネージメント科では、個性豊かな灯篭を製作しました。コンセプトは「京都らしいもの」や「親しみのあるもの」など多種多様で、ライトの配置やライトを搭載するボディーの素材などをこだわり、またそれを加工することによって、様々なバリエーションの発光を生み出すことができました。

7月16日更新

からだを使って楽しもう!体感型ゲーム

からだを使って楽しもう!体感型ゲーム

京都高等技術専門校システム設計科では、人の手の動きを感知するデバイスを用いた、体感型ゲームを製作しました。ゲームは、走るヒツジを手で操作しながらポイントとなるエサを取っていくものや、飛んでくる玉を打ち返すものなど、子どもに楽しんでもらえるようなユニークな作品に仕上げることができました。

7月16日更新

機械と電子であそぼう!体感型ゲームセンター(前編)

機械と電子であそぼう!体感型ゲームセンター(前編)

京都高等技術専門校メカトロニクス科では、「体感型ゲームセンター」と称し、ゲームセンターにあるようなゲームを製作しました。今回の「前編」では、バスケットボールのフリースローをベースにした、得点を競うフリースローゲームと、筐体内のボールをつかみ取るクレーンゲームについてご紹介していきます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?