ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > きょうと健康づくり実践企業認証制度 > 認証企業の紹介 > 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所

ここから本文です。

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所

所在地 〒619-0215 京都府木津川市梅美台8丁目1番地7
業種 量子科学技術の研究開発
従業員数 112人
認証歴、受賞歴 平成26年度、27年度、28年度、29年度認証、平成26年度特別賞受賞
定期健康診断
結果の提出先
原子力健康保険組合
定期健康診断
実施年度
平成28年度
がん検診の
受診状況
大腸 子宮
­­­― 99% 99% 100%
健康づくりの
とりくみ

・安全衛生委員会による会議を実施。産業医や勤務者の意見が反映されている。また健康管理の議題においては、取り組みの内容について審議・報告が行われる。
・「関西光科学研究所安全衛生管理規則」に基づき、健康づくりに関する年間の行事計画を策定し、実施。
・産業医による健康づくり。毎月2回来所、衛生パトロール、勤務者の健康相談に応じている。
・保健室の設置。常駐の看護師が健康相談に応じ、勤務者の健康増進を図るため取り組んでいる。
・こころの健康づくり計画に取り組み、メンタル不調の予防、早期発見、また職場復帰支援プロジェクト等を実施。平成28年度からはストレスチェックを実施するとともに、産業医や看護師の面談窓口を設けている。

・健康管理ホームページを用い、からだの健康、こころの健康、相談窓口の案内や、健康についてのニュース、感染症情報を掲載。
・メールマガジンを用い、ニュースで取り上げられてる疾患や感染症、厚労省の情報、保健室の行事等を勤務者全員に配信。
・生活習慣病予防のための情報を症例別に掲示。受診勧奨により生活習慣病危険ゾーン該当者の100%受診を達成。看護師による健康指導を強化している。
・こころの健康について、看護師が相談窓口となり、産業医への相談につなげている。また、メール配信、ホームページ掲載でメンタル不調を予防、早期発見、早期対応に心がけている。現在メンタル不調による休職者はない。
・インフルエンザ予防キャンペーンを毎年ポスター掲示、メール配信により感染や蔓延の予防を呼びかけている。また産業医による予防接種を実施し、勤務者の98%が受けている。
・毎年歯科健診を実施。勤務者の80%が受診。
受動喫煙対策 〇完全分煙(喫煙室を設置。換気扇と防風カーテンにより煙が外部に漏れないよう完全分煙)
ホームページ http://www.kansai.qst.go.jp/(外部リンク)

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?