ここから本文です。

株式会社モリタ製作所

所在地 〒612-8213 京都府京都市伏見区東浜南町680
業種 歯科・医科医療器械器具製造・販売
従業員数 735名
認証歴、受賞歴 平成29年度、30年度認証
定期健康診断
結果の提出先
大阪薬業健康保険組合
定期健康診断
実施年度
平成29年度
がん検診の
受診状況
大腸 子宮
100.0% 93.5% 92.5% 65.1% 45.1%
健康づくりの
とりくみ

(1)

  • 健康増進チャレンジ活動―自分に合わせた目標(食事・運動・たばこ・アルコール)を設定し、3ヶ月間実施。達成者には達成賞のプレゼントがある。
  • 体力測定―簡易体力測定を実施し、持久力・柔軟性・脚筋力・握力の項目から評価。参加者には粗品プレゼント。
  • ラジオ体操―毎日就業前(朝・昼)にラジオ体操を放送し実施呼びかけを行う。
  • 歯科健診・歯科治療推進活動―(1)健診・治療費の会社補助金制度(上限健診:1万円 治療:5千円 年1回)(2)歯科材会社と連携し歯科用品を社員特価で販売。
  • 社員食堂―健康に留意した昼食の提供(ヘルシー弁当、カロリー産地表示、食堂業者との給食委員会の開催、健康情報卓上メモの設置)
  • 献血―日本赤十字社の献血ポスターの掲示、半年に1回(毎年1月と7月)献血車の手配
  • インフルエンザ・ノロウイルスの対策(10月~1月)―啓発ポスターの掲示、手指消毒液・うがい液の設置、インフルエンザ予防接種補助金申請の周知、全社員と家族を対象にインフルエンザ予防接種を社員特価にて実施。
  • 海外赴任者の健康診断と予防接種―国毎の各種予防接種と健康診断(海外渡航前、年に1回帰国時、完全帰国時)を実施。
  • 熱中症対策(6月~9月)―温度と湿度の適正管理、各職場に塩分チャージタブレット配布、作業の特性上暑い作業環境職場にウォーターサーバーを設置。医務室作成の熱中症予防ポスターの掲示。
  • 各職場に救急箱を設置し、毎月点検・補充
  • 定時退社日(第2・4金曜日)、リフレッシュ休暇、ヘルスケア休暇、年休一斉取得日の設定

(2)

  • メンタルヘルス対策として、外部カウンセリング窓口を設置し、全社員が利用できる体制をつくっている。
  • 外部講師によるメンタルヘルスセミナー(管理職を対象としたラインケア研修と全社員の内希望者を対象としたセルフケア研修)を実施。
  • 歯科健診・歯科治療推進活動―歯科業界トップメーカーの社員として自分の歯を大切にし健康増進に努める(歯科受診率100%を目指す)職場ごとの受診率を公表し、受診を促進している。
受動喫煙対策 〇完全分煙
喫煙所(敷地内1カ所のみ)を設置し、喫煙所以外は喫煙不可。喫煙時間は始業前(8時30分以前)、昼休憩時間(12時~12時45分)、就業後(17時以降)のみとする。社用車禁煙。会社周辺での喫煙および通勤時の歩きたばこ禁止。禁煙外来の紹介。社内報で禁煙のすすめについて産業医執筆。社内のたばこ自販機撤去。
ホームページ http://www.morita.com/jmmc/ja/(外部リンク)

企業からのメッセージ
弊社は、歯科医療を中心に耳鼻科など医療分野で使用される医療機器の研究開発、設計、製造を行うメーカーです。医療機器メーカーということもあり社員の健康はとても大切に考えており、健康診断や人間ドックの100%受診、ラジオ体操の実施、健康増進のための個人チャレンジ90日活動、社内完全分煙と禁煙の啓蒙、メンタルヘルスセミナー開催など社員の健康維持・増進にさまざまな形で取り組み、さらに昨年からは働き方改革宣言として「健康で、夢を持ち、働くことがおもしろい笑顔あふれる会社づくり」をスローガンに社員1人ひとりのワークライフバランスを向上させるべく定時退社日の設定や安心して休める風土づくりにも取り組んでおります。また、口腔内の疾患が全身に多くの影響を与えることが昨今の研究で明らかになっていることから、社員の口の中の健康維持・増進のために定期的に歯科医院を受診するよう歯科検診・歯科治療の補助制度も実施しております。
今後も医療機器メーカーとして、世界中のすべての人々の笑顔と健康のために「人にやさしい製品」を提供し、医療の発展に貢献できる企業活動を展開していきます。
人事総務部 次長 青代 勉

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?