ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 商工労働観光部 ものづくり振興課 > 「京都地域スーパークラスタープログラム クラスターフォーラム」の開催について

ここから本文です。

「京都地域スーパークラスタープログラム クラスターフォーラム」の開催について

「京都地域スーパークラスタープログラム クラスターフォーラム-SiCパワーデバイスの社会実装普及を目指した5年間の取組と成果-」の開催について

 平成25年12月から、国立研究開発法人科学技術振興機構の公募事業として、長野、福井、滋賀の3地域との広域連携のもと取り組んでいる研究成果展開事業「京都地域スーパークラスタープログラム」が最終年度を迎えました。本プログラムでは、先進パワー半導体として有望なSiC(シリコンカーバイド)に注目し、SiCパワーデバイスの本格普及と社会実装を促進し、クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築を目指し、取組を進めてきました。本プログラムの最終年度に当たり、本プログラムの総括を行うとともに今後に向けた議論を行うことを目的としたフォーラムを開催しますので、お知らせします。
 ※シリコンカーバイドとは、シリコン(Si)と炭素(C)で構成される化合物半導体材料であり、シリコンに比べて緻密で安定した結晶です。従来のシリコンデバイスを用いた機器と比較し、小型化・高効率化を可能とします。

日時:平成29年11月10日(金曜)13:00-17:15(開場:12:00) 

会場:ホテルグランヴィア京都 5階 古今の間

申込方法:①氏名、②所属、③部署・役職、④E-mailアドレス、⑤電話番号をご記入の上、10月31日(火曜)までにFAXまたは
      WEBからお申込みください。
      FAX:075-366-5341 WEB:https://kyoto.supercluster.jp

参加費:無料(先着200名、事前登録が必要、交流会参加者は3,000円を徴収します。)

主催:公益財団法人京都高度技術研究所、京都府、京都市

共催:国立研究開発法人科学技術振興機構

後援(予定):経済産業省近畿経済産業局、京都科学技術イノベーション推進協議会、京都産業育成コンソーシアム、
        京都産学公連携機構、一般社団法人京都産業、エコ・エネルギー推進機構、独立行政法人中小企業基盤
        整備機構近畿本部、京都リサーチパーク株式会社

内容

 (1)【開会挨拶】主催者挨拶:京都府、京都市
           
来賓挨拶:文部科学省、国立研究開発法人科学技術振興機構

  (2)『京都地域スーパークラスターの活動実績と今後の展望』
    西本 清一 氏(京都地域スーパークラスタープログラム 代表研究統括/地方独立行政法人京都市産業技術研究所 理事長
              /公益財団法人京都高度技術研究所 理事長)

  (3)『「パワエレ応用回路設計」を基盤とする実装モジュール開発』
    舟木 剛 氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)

  (4)『次世代パワーデバイス開発と産産学連携による実装製品開発の推進』
    中村 孝 氏(ローム株式会社 研究開発部 主席研究員) 

  (5)『次世代マイクロスマートグリッドシステムの開発と国際ビジネス展開」
    今井 尊史 氏(株式会社アイケイエス 代表取締役社長)

  (6)『次世代パワーエレクトロニクスを活用したインテリジェントモータの開発』
    福永 泰 氏(日本電産株式会社 専務執行役員)

  (7)【休憩・展示】

  (8)『パネルディスカッション-産産学連携オープンイノベーションの「京都モデル」構築から「SiCパワエレ産業クラスター」形成へ-』
    モデレータ:西本 清一 氏(京都地域スーパークラスタープログラム 代表研究統括)
    パネリスト:今井 尊史 氏(株式会社アイケイエス 代表取締役社長)、福永 泰 氏(日本電産株式会社 専務執行役員)、
           舟木 剛 氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)、松波 弘之 氏(京都大学 名誉教授/国立研究開発法人
           科学技術振興機構 産学連携アドバイザー)(五十音順)

 (9)【閉会挨拶】

 (10)【交流会】 ホテルグランヴィア京都 3階 源氏の間


  ※詳細は、ご案内チラシ(PDF:355KB)をご参照ください。

 

  (参考)スーパークラスタープログラムについて
 
1 趣旨
   平成20年度から平成24年度まで取り組んできた「京都環境ナノクラスター」の成果であり、顕著な省エネルギー効果が期待されるSiC(シリコン
  カーバイド)パワー半導体の製品化・社会実装を促進し、環境負荷が少なく高効率で快適な社会の実現を図ることを目的に、国立研究開発法人
  科学技術振興機構公募事業である「研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)」に京都地域は中核機関をなすコアクラスターに採択さ
  れ、平成25年12月から事業を開始している。事業推進に当たっては、中核をなすコアクラスター(京都地域)の中に高性能材料・デバイス研究開
  発グループ、回路・システム研究開発グループ、産産学連携実装化推進研究開発グループの3つのグループを形成し、サテライトクラスター(長
  野地域、福井地域、滋賀地域)の技術シーズ等を共有し、広域連携の下産学連携や企業連携を構築し実施する。

2 提案機関
  公益財団法人京都高度技術研究所、京都府、京都市

3 中核機関
  公益財団法人京都高度技術研究所

4 事業実施期間
  平成25年度~ 平成29年度(5年間)(予定)

5 参画機関
  (大学)京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、奈良先端科学技術大学院大学、同志社大学、立命館大学、愛知工科大学
  (公設試験研究機関)(地独)京都市産業技術研究所、京都府中小企業技術センター
  (企業)(株)アイケイエス、(株)アドテックプラズマテクノロジー、オムロン(株)、(株)カネカ、京セラ(株)、京都電機器(株)、
       (株)近畿レントゲン工業社、(株)栗田製作所、神戸電機産業(株)、サムコ(株)、(株)島津製作所、住友電気工業(株)、
       (株)竹中製作所、ニチコン(株)、日新技研(株)、日本電産(株)、(株)パルスパワー技術研究所、福島SiC応用技研(株)、
       (株)堀場製作所、(株)村田製作所、ローム(株)、和晃技研(株)

 

 

 ■本件に関するお問合せ先■
  公益財団法人京都高度技術研究所 産学公連携事業本部 スーパークラスター事業推進部
  〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地 TEL:075-366-5269 E-mail: sc_gr@astem.or.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?