ここから本文です。

京力農場づくり事業について

京力農場とは

集落型農業法人が核となり、中核的な担い手が不足する集落等からの作業受託、農地集積や契約栽培等の連携を結び、互いに農地や人、サービス、もの等を通じて補完しあう力強い農業経営構造(協力により、強力になる、「京力」農場への転換)への転換を推進します。

集落営農発展型農場づくり事業

地域農業のあるべき姿について、集落や生産者の徹底的な話し合いにより策定された「京力農場プラン」に基づき、地域農業再生の核となる組織の法人化や法人の6次産業化による加工、流通、販売の多角化に必要な農業施設・機械の導入、付加価値の高い特別栽培米や丹波黒大豆、京野菜の生産拡大等に必要な取組について、ソフト・ハードの両面から総合的に支援します。

  1. 高度生産化対策
    • 高収益型作物の生産に必要な経費
  2. 経営多角化対策
    • 農産物加工に必要な経費
    • 販売方法の多様化に必要な経費
  3. 販路開拓対策
    • 多様な流通経路の開拓に必要な経費
  4. 集落営農発展対策
    • 集落間の調整を行う上で必要となる経費

事業実施主体及び事業実施期間

  • 事業実施主体:府内の集落営農組織であり、農業生産法人又は事業実施期間中に農業生産法人となることが確実と見込まれる者
  • 事業実施期間:事業実施主体ごとに3年以内

採択要件

次の1から3をすべて満たしていること。

【農地集積型】

  1. 事業開始時に、事業実施主体の所在及び活動集落(地域)において「京力農場プラン」が作成されていること
  2. 事業開始後3箇年度以内に、中核的な担い手が不足する集落の農地面積のうち、5ヘクタール以上を新たに利用権設定又は農作業受託により集積すること
  3. 事業開始後3箇年度以内に、特別栽培米や京野菜など高収益型作物の生産及び新たに加工又は販売を行い、経営の多角化を推進すること

【京野菜生産拡大型】

  1. 事業開始時に、事業実施主体の所在及び活動集落(地域)において「京力農場プラン」が作成されていること
  2. 事業開始後3箇年度以内に、需要が高い4品目(九条ねぎ、万願寺とうがらし、みず菜、紫ずきん(京夏ずきんを含む。))を新たに30a以上生産するとともに、生産と出荷調整の分業化体制を確立すること
  3. 事業開始後3箇年度以内に、特別栽培米や京野菜など高収益型作物の生産及び新たに加工又は販売を行い、経営の多角化を推進すること

お問い合わせ

農林水産部農産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

nosan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?