ここから本文です。

「京のプレミアム米」創造事業

「京の米」の新たな需要を創造し、消費者ニーズに応える戦略的な米の生産・流通を実現するため、「京のプレミアム米」創造事業を実施します。

「京の米」新マーケット拡大事業及び「京の米」6次産業化事業の公募について

image

事業概要

「京の米」新マーケット拡大事業

日本酒、味噌などの地場産業で使用される原料用米や、中食、外食向けの多収の主食用米など、ニーズに応じて実需者と取り組む試験的な栽培や試作品の加工・炊飯適性評価等の取組を支援します。

対象となる方

JA、3戸以上の農業者等で組織する団体又は地域の米生産に係る組織と実需者組織等による協議会等のいずれかであって、以下の要件を満たすこと

  • 日本酒、菓子等の地場産業向けの加工用米、外食産業等向けの主食用米など、実需者と結びついた米生産を行うこと(飼料用米を除く)
  • 米の生産量増加又は品質向上に資する計画を策定すること
補助対象となる取組

実需者からのオーダーに基づいた米の生産に必要な以下の取り組み

  • 実証ほの設置
  • 現地検討会や加工適性試験、炊飯適性試験の実施
  • 実需者と生産者との生産計画協議や意見交換会の実施
補助率、補助上限額等
  • 補助率は事業実施に係る費用の2分の1以内
  • 補助上限額は1事業あたり15万円
  • 予算の範囲内で補助します。

「京の米」6次産業化事業

米を利用した6次産業化のきっかけづくりのため、商品開発や販路開拓、PRの取組を支援します。

対象となる方

JA、3戸以上の農業者等で組織する団体又は地域の米生産に係る組織と実需者組織等による協議会等のいずれかであって、以下の要件を満たすこと

  • 「京の米」を用いた商品の開発や市場開拓の取組計画を策定すること
    (「京の米」とは京都府内で生産される主食用米、酒造好適米、加工用米、米粉用米を指します。)
補助対象となる取組

「京の米」を用いた商品の開発や市場開拓に必要な以下の取組

  • 商品づくりのための取組計画作成(計画検討会の開催、アドバイザーの招聘等)
  • 商品の試作(商品の開発、試作、試行、パッケージデザイン試作等)
  • 商品の販路開拓、PR活動(展示会への出展、プロモーション、試食会の実施等)
補助率、補助上限額等
  • 補助率は事業実施に係る費用の3分の1以内
  • 補助上限額は1事業あたり50万円
  • 予算の範囲内で補助します。

募集期間

  • 第一次
    平成30年4月2日(月曜日)から4月16日(月曜日)まで
  • 第二次
    平成30年5月1日(火曜日)から5月15日(火曜日)まで

平成30年5月16日(水曜日)以降は、先着順で受付ます。(予算がなくなり次第終了)

申請希望のある方は、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。審査のうえ採択の可否を決定します。

参考(事業要領、申請様式)

「京の米」新マーケット拡大事業

「京の米」6次産業化事業

お問い合わせ先

  • 京都府農林水産部農産課(管轄行政区は京都市、向日市、長岡京市、大山崎町)
    電話075-414-4953
  • 山城広域振興局農林商工部企画調整室(管轄行政区は宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久御山町、井手町、宇治田原町、木津川市、笠置町、和束町、精華町、南山城村)
    電話0774-21-3211
  • 南丹広域振興局農林商工部企画調整室(管轄行政区は亀岡市、南丹市、京丹波町)
    電話0771-22-0371
  • 中丹広域振興局農林商工部企画調整室(管轄行政区は福知山市、舞鶴市、綾部市)
    電話0773-62-2508
  • 丹後広域振興局農林商工部企画調整室(管轄行政区は宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)
    電話0772-62-4315

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

nosan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?