ここから本文です。

宇治茶の世界文化遺産登録

 京都府では、日本茶・宇治茶のユネスコ世界文化遺産の登録を視野に、宇治茶の振興に取り組んでいます。


   平成26年3月作成

催し案内

 10月21日(火曜)・28日(火曜) 宇治茶世界文化遺産講座

宇治茶の世界文化遺産を目指す意義

 意義

宇治の世界文化遺産登録に向けた検討

 

 

 日本茶のふるさと「宇治茶生産の景観」とは

 

 提案コンセプト(PDF:342KB)

 「宇治茶生産の景観」の普遍的価値

世界文化遺産の評価基準 6項目(6項目のうち1つ以上適合すること)

(i) 

人間の創造的才能を表す傑作である。

(ii) 

建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値観の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。

(iii)

現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在である。

(iv)

 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。

(v)

 あるひとつの文化を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは 陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である。

(vi) 

 顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用 いられることが望ましい)。

宇治茶生産の景観

「構成資産の位置:7市町村16地区」

クリックすると拡大表示されます(PDF:582KB)

平地のみならず丘陵や河川敷にも展開される「抹茶」「玉露」を生産する覆下茶園

宇治市白川

八幡市上津屋

城陽市上津屋

京田辺市飯岡

傾斜地に展開される「山なり開墾と呼ばれる「煎茶」を生産する露地茶園

 

宇治田原町湯屋谷

 

和束町石寺

 

南山城村高尾

 

 

茶生産に適合した施設を含む集落

和束町湯船

和束町湯船

中宇治(景観集落)

宇治市中宇治

 

水運など地の利をいかした茶問屋の町並み

中宇治(町並み)

宇治市中宇治

宇治田原町湯屋谷(町並み)

宇治田原町湯屋谷

木津川市上狛(町並み)

木津川市上狛

宇治田原町郷之口

「抹茶」「玉露」「煎茶」を生産することにより、緑茶の喫茶文化の形成に寄与 

抹茶(濃茶)

玉露

 

抹茶(薄茶)

煎茶

日本茶・宇治茶の世界文化遺産登録検討委員会について

検討委員会議事要旨

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4898

ファックス:075-414-4939

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?