ホーム > 教育・文化 > NPO・ボランティア等 > 京都府庁NPOパートナーシップセンター > ナレッジ×DIY「新たな協働のカタチについて考える」

ここから本文です。

ナレッジ×DIY「新たな協働のカタチについて考える」

~切れ目のない子どものセーフティネットづくりを目指して~

様々な社会課題解決のために活動を行っているNPO。
社会課題の複雑さや多様性により、1つの団体だけでは解決できない、あるいは課題の部分的な解決に留まってしまうことも多く、NPOはこれまで、様々な協働を通じて課題解決のために取り組んできました。
そうした中で、立場の異なる組織(NPO、行政、企業、財団、有志団体など)が組織の壁を越えてお互いの強みを出し合い社会課題の解決を目指すアプローチとして、「コレクティブ・インパクト」がアメリカを中心に広まってきています。
今回のナレッジ×DIYでは、この「コレクティブ・インパクト」の手法を使って家族を含めた子どもの総合支援を行っているCollective for Childrenで事務局長を務める桝谷 礼路氏をゲストに迎え、参加者の皆さんと新しい協働のカタチについて考えていきます。

開催概要

  • 日時 平成31年1月28日(月曜日) 19時00分~21時00分 (開場 18時30分)
  • 場所 京都府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
  • ゲストスピーカー 桝谷 礼路氏(一般社団法人Collective for Children理事・事務局長)
  • 参加費 無料
  • 定員 30名(定員になり次第締切)
  • 対象 NPOのメンバーで、他団体との協働に興味のある人、NPOとの協働に関心のある企業担当者や行政職員 等
  • チラシ:新たな協働のカタチについて考える(PDF:818KB)

プログラム

  1. ミニレクチャー「コレクティブ・インパクトとは」
  2. 話題提供「Collective for Childrenの取り組みから見える新たな協働のカタチ」 
  3. 座談会「組織の壁を越えてつながるためのエッセンス」

問い合わせ・申込先

件名に「新たな協働 参加申込」とご記入いただき、本文に、お名前、ご所属、連絡先(Eメール)をご記載の上、京都府庁NPOパートナーシップセンター担当までEメール又はFAXで申込ください。

Eメール: fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

FAX: 075-414-4230

担当: 真鍋・竹内

ナレッジ×DIYとは?~ハイセンスな知的生産+ハイレベルなスキル研修~

NPOなどでの地域力再生活動を発展させるには、ヒトやモノ、情報や人脈などのより多くの資源が必要になります。その資源を獲得するには、多様な主体との協働や連携が重要な鍵になります。参加体験型創造会議「ナレッジ×DIY」は、個人や団体、行政との協働や連携に必要な知識やスキルを、ゲストや府庁協働コーディネーターとともに実践的に学ぶ機会です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部府民力推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?