ホーム > 教育・文化 > NPO・ボランティア等 > 京都府庁NPOパートナーシップセンター > ナレッジ×DIY「ペンと紙があれば、会議はもっと面白くなる」

ここから本文です。

ナレッジ×DIY「ペンと紙があれば、会議はもっと面白くなる」

 

「ペンと紙があれば、会議はもっと面白くなる
~グラフィック・ファシリテーション入門への第一歩~」

 


「発言がなかなか出ない」
「いつも話が脱線してしまう」
「言いたいことが伝わらない」
「決まった人だけがしゃべっている」・・・
そんな会議の経験はありませんか?

本講座では、
ワークショップデザイナーの奥野美里氏をお招きし、
グラフィック・ファシリテーションの基礎や
実践できるワークショップを通じて、
ファシリテーションの手法の一つである
「グラフィック・ファシリテーション」をテーマに、
話の“見える化”の方法について学びます。

 

開催概要

  • 日時 平成31年2月13日(水曜日) 19時~21時 (開場 18時30分)
  • 場所 京都府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
  • 講師 奥野 美里氏(ワークショップデザイナー)
  • 参加費 無料
  • 定員 15名(定員になり次第締切)
  • 対象 地域力再生団体活動をしている人、普段の会議に変化を与えたい人、ファシリテーションスキルを身につけたい人、グラフィックファシリテーションに興味がある人
  • チラシ:ペンと紙があれば会議はもっと面白くなる(PDF:1,252KB)

プログラム

  1. 自己紹介
  2. グラファシとは?
  3. 実際にやってみよう!
  4. 感想シェア

問い合わせ・申込先

件名に「グラフィック・ファシリテーション入門申込」とご記入いただき、本文に、お名前、ご所属、連絡先(Eメール)をご記載の上、京都府庁NPOパートナーシップセンター担当までEメール又はFAXで申込ください。

Eメール: fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

FAX: 075-414-4230

担当: 竹内

ナレッジ×DIYとは?~ハイセンスな知的生産+ハイレベルなスキル研修~

NPOなどでの地域力再生活動を発展させるには、ヒトやモノ、情報や人脈などのより多くの資源が必要になります。その資源を獲得するには、多様な主体との協働や連携が重要な鍵になります。参加体験型創造会議「ナレッジ×DIY」は、個人や団体、行政との協働や連携に必要な知識やスキルを、ゲストや府庁協働コーディネーターとともに実践的に学ぶ機会です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部府民力推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?