ホーム > 教育・文化 > NPO・ボランティア等 > 京都府庁NPOパートナーシップセンター > ナレッジ×DIY「心理学の視点で考える寄付の呼びかけ方」

ここから本文です。

ナレッジ×DIY「心理学の視点で考える寄付の呼びかけ方」

「心理学の視点で考える寄付の呼びかけ方」バナー

寄付を呼びかけるときのコツ

NPOが持続可能な団体運営を行っていくためには、活動資金・地域や社会からの信頼・活動理解者が大事です。

その資金や共感を集める手法の一つに「寄付」があります。

寄付の呼びかけにおいて重要なのが、寄付者が「寄付をしたい!」と思えるかどうか。

人が寄付をする・しないの決定をするときの心理的要因を考え、効果的に共感と活動資金を集められるようになりましょう!

開催概要

  • 日時 平成30年10月10日(水曜日) 19時00分~21時00分 (開場 18時30分)
  • 場所 京都府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
  • 講師 真鍋 拓司(府民力推進課 協働コーディネーター)
  • 参加費 無料
  • 定員 20名(定員になり次第締切)
  • 対象 NPOのメンバーで、寄付獲得に興味のある人、NPOに関心のある人 等
  • ナレD「心理学の視点で考える寄付の呼びかけ方」チラシ画像チラシ(PDF:938KB)

プログラム

  1. 講座「NPOはなぜ寄付を呼びかけるのか。人はどうして寄付をするのか。」
  2. ワークショップ「寄付を呼びかけるときのコツを学ぼう」

問い合わせ・申込先

件名に「心理学の視点で考える寄付の呼びかけ方参加申込」とご記入いただき、本文に、お名前、ご所属、連絡先(Eメール)をご記載の上、京都府庁NPOパートナーシップセンター担当までEメール又はFAXで申込ください。

Eメール: fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

FAX: 075-414-4230

担当: 真鍋・竹内

ナレッジ×DIYとは?~ハイセンスな知的生産+ハイレベルなスキル研修~

NPOなどでの地域力再生活動を発展させるには、ヒトやモノ、情報や人脈などのより多くの資源が必要になります。その資源を獲得するには、多様な主体との協働や連携が重要な鍵になります。参加体験型創造会議「ナレッジ×DIY」は、個人や団体、行政との協働や連携に必要な知識やスキルを、ゲストや府庁協働コーディネーターとともに実践的に学ぶ機会です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部府民力推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?