ホーム > 産業・しごと > 入札情報 > 入札契約制度 > 前金払制度・中間前金払制度

ここから本文です。

前金払制度・中間前金払制度

前金払制度

  前金払制度は、建設工事の着工に当たって、工事の資金繰りの円滑化を通じて、適正な施行が確保されるよう、請負代金額の4割以内の代金を受け取ることができる制度です。

 また、前払金の支払限度額は撤廃されました。(平成26年11月1日適用)

中間前金払制度

 京都府が発注する工事において、本制度の適用を開始しました。(平成23年4月1日適用)

その他

  • 前払金及び中間前払金の使途が拡大されました。(平成28年7月1日適用)
  • 新たに適用された使途 :  現場管理費及び一般管理費等のうち当該工事の施工に要する費用
  • 平成28年4月1日から6月30日までに請負契約を締結した工事については、発注者との協議により、拡大された使途への適用が可能となりますので、発注者にご確認ください。  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?