ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府織物・機械金属振興センター > 日本遺産『「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」体験教室』を開催しました

ここから本文です。

日本遺産『「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」体験教室』を開催しました

 平成30年1月5日金曜日、『「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」体験教室』を開催しました。小学生21名が参加し、丹後ばらずしの調理体験や、紙芝居「丹後ちりめん加悦谷の三人の始祖」、ちりめん街道の見学をしました。

ちりめん街道見学

 与謝野町語りべの会・青木順一氏をガイドに、日本遺産の構成文化財となっている旧尾藤家住宅、下村家住宅、旧加悦鉄道駅舎等、ちりめん街道内及び街道付近の施設を見学しました。

ちりめん街道見学 ちりめん街道見学2

丹後ばらずしの調理体験

  与謝野町食生活改善推進員協議会野田川支部指導のもと、丹後の郷土料理「丹後ばらずし」などの調理を体験しました。

丹後ばらずし調理体験 調理体験

 紙芝居「丹後ちりめん加悦谷の三人の始祖」

 制作者である紙芝居作家森山道子氏の語りで、紙芝居「丹後ちりめん加悦谷の三人の始祖」(※)を上演いただきました。

紙芝居

※紙芝居「丹後ちりめん加悦谷の三人の始祖」
 江戸時代の享保年間(1716~36年)に西陣へ出向き、苦労の末、ちりめんの技術を習得して地元に戻り、経済的な繁栄をもたらした3人の物語。

子どもたちの感想

・日本いさんが身近な所にあると知れて良かったです。おじいちゃんやおばあちゃんが丹後ちりめんかは知らないけどはた織りをしているので、また色々聞いてみたいです。また機会があれば、友達と参加したいです。

・ちりめん街道を歩きながら、楽しくちりめんのことを知れたのでよかったです。それから、現在に至るまでにたくさんの人が苦労していたんだな、これからも大切にしていきたいなと思いました。

・自分ではじめて、丹後のばらずしが作れておいしかったし、今まで知らなかったことがちりめん街道を歩きながら知れたので良かったです。

主催

  • 京都府織物・機械金属振興センター
  • 一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)
  • 与謝野町立中央公民館・加悦地域公民館

※この事業は、平成29年度日本遺産魅力発信推進事業(文化庁)を活用しています。

お問い合わせ

商工労働観光部産業労働総務課 織物・機械金属振興センター

京丹後市峰山町荒山225

ファックス:0772-62-5240

oriki-kikakurenkei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?