ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成28年8月12日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成28年8月12日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成28年8月12日(金曜)現在

 

観覧温室では

Benimaturi

 ベニマツリ
 Rondeletia odorata
  アカネ科
 観覧温室ジャングル室にて開花。キューバ、パナマなど中南米原産。
 赤に近い橙色の花を花序の先端に十数輪まとめて咲かせる。8月下旬まで見頃。
 

Calatea-loeseneri 

 カラテア ロエセネリ
 Calathea loeseneri
 クズウコン科
  観覧温室ジャングル室にて開花。ペルー、コロンビアなど南米北部原産。
 苞は白色地に周辺が淡い桃色になっている。8月下旬まで見頃。

樹林地では

 

Suzumusibana

 スズムシバナ 
 Strobilanthes oligantha
 キツネノマゴ科
 山林の陰地に自生する多年草。鈴虫が鳴く頃に開花するというのが和名の由来。植物生態園で。

  8月いっぱい見頃。 

Murasakisarusuberi

 

ムラサキサルスベリ
 Lagerstroemia×amabilis
 ミソハギ科
 サルスベリと沖縄以南に自生するシマサルスベリの種間雑種。桜林西で。
   8月いっぱい見頃。

 

 花壇では

Hageitou

ハゲイトウ
 Amaranthus tricolor cv.
 ヒユ科
 熱帯アジア原産。草丈80から150センチ。原種の葉は、初めは緑色で8月ごろから頂葉が黄色、淡紅色から紅色、緑色の3色になったり、黄色、紅色、紫紅色、緑色の4色となり、秋にもっとも美しくなる。
 北山ワイルドガーデン、正門花壇、森のカフェ前花壇にて、見頃は9月中旬まで。


Henkaasagao

アサガオ(変化アサガオ)
 Ipomoea nil
 ヒルガオ科
 熱帯アメリカ原産。
 変化朝顔は江戸時代に原種系アサガオに現れた突然変異体を選抜・交配をくり返し、現在まで保存・展示している伝統園芸植物。
 何十種類もの変化朝顔を植物展示場にて9月上旬まで展示。

 

Himawari

 ヒマワリ
 Helianthus annuus cv.
 キク科
 北アメリカ原産。草丈は90から200センチ。
 八重咲きや赤花系など約20品種を植栽している。会館前花壇にて、見頃は9月上旬まで。

 

四季彩の丘では  

20160805

モミジアオイ
 Hibiscus integrifolius
 アオイ科
 北アメリカ原産の大型多年草。別名「紅蜀葵(こうしょっき)」。
 四季彩の丘にて、8月中旬まで見頃。

 

20160805
ヒョウタン
 Lagenaria siceraria var. siceraria
 ウリ科
 現在栽培される作物の中で、最も古くに園芸化された植物と言われ、世界中で様々な形の品種が栽培されている。四季彩の丘にて、9月末まで見頃。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?