ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成28年9月16日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成28年9月16日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成28年9月16日(金曜)現在

 

観覧温室では

オヒルギ

オヒルギ
 Bruguiera gymnorhiza
 ヒルギ科
 観覧温室ジャングルゾーンにて開花。東アフリカ~東南アジアに自生。
 萼片が赤く色づき目立つことが、別名アカバナヒルギの由来となっている。
 9月下旬まで見頃。 

migoro160902

アキメネス
 Achimenes sps.
 イワタバコ科
 観覧温室特別展示室にて展示。中南米原産。
 花はロウトのような形で、色は赤系から紫系が一般的。9月下旬まで見頃。

樹林地では

シモバシラ

シモバシラ
 Keiskea japonica
 シソ科
 秋に白い花を咲かせる多年草。厳寒期になると、枯れた茎に霜柱が出来る。
 植物生態園にて、花の見頃は9月下旬まで。 

ツリフネソウ

ツリフネソウ
 Impatiens textorii
 ツリフネソウ科
 紅紫色をした花が、釣り下がるように咲く。種子は熟すと、ほうせんかのように弾け飛ぶ。
 植物生態園にて、見頃は9月下旬まで。

 花壇では

くれおめ 

 ナス‘甲子園’
 Solanum melongena ‘Koshien’
 ナス科
 熱帯では多年草であるが、日本などの温帯では一年生作物としてよく栽培される。本種の果実は白色で熟すと黄色となる。
 北山ワイルドガーデンにて見頃は10月上旬まで。

migoro160902

パパイヤ ‘オキテング25号’
  Carica papaya ‘Okitengu25’
  パパイヤ科
  メキシコ南部からコスタリカ原産。原種は雄株、雌株、両性株があり結実しない株も出てくるが、
 本品種は両性株なので結実する。
  観覧温室前花壇、北山ワイルドガーデンにて見頃は10月下旬まで。

Canna 

カンナ‘サウス パシフィック スカーレット’
 Canna generalis ‘South Pacific Scarlet’
 カンナ科
 熱帯アメリカ原産。本品種はAAS(オール・アメリカ・セレクションズ)で2013年に入賞。
 カンナでは世界初のF₁品種である。正門花壇、沈床花壇にて見頃は11月上旬まで。

四季彩の丘では  

アイ

アイ(タデアイ)
 Persicaria tinctoria
 タデ科
 葉や茎を発酵させた「すくも」は、伝統工芸の藍染めに用いられる。
 四季彩の丘にて、9月下旬まで見頃。 

スイフヨウ

 スイフヨウ
 Hibiscus mutabilis ‘Versicolor’
 アオイ科
 フヨウの半八重咲き品種種。朝咲き始めの花弁は白いが時間がたつにつれてピンクに変色する。
 四季彩の丘にて、9月末まで見頃。

 

 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?