ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年1月13日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年1月13日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年1月13日(金曜)現在

 

観覧温室では

  

オオベニゴウカン

オオベニゴウカン(白花)
  Calliandra haematocephala [White flower form]
 マメ科
 観覧温室ジャングル室にて開花。園芸品種。
 花の糸状の白い部分はおしべで、その化粧パフに似た見た目からホワイトパウダーパフと呼ばれる。
 1月いっぱい見頃。

 

kinkatya

キンカチャ
 Camellia petelotii
  ツバキ科
 観覧温室ラン室にて開花。中国南部原産。
 中国広西チワン族自治区に自生する、1965年に発表された黄色い花のツバキ。
 光沢のある黄花で一重咲き、耐寒性が弱い。1月下旬まで見頃。 

樹林地では

 

 ロウバイ

  ロウバイ
   Chimonanthus praecox
   ロウバイ科
   花がロウ細工のような質感。梅林ほかで。2月上旬まで。

 
ウメ

 ウメ
  Armeniaca mume
  バラ科
  中国原産で奈良時代に渡来した早春を代表する花木。梅林で。2月下旬まで。

 

 花壇では

migoro20161223

ハボタン
Brassica oleracea var.acephala cvs.
アブラナ科
原種はヨーロッパ西南部の海岸地帯に自生する。耐寒性の2年草で様々な色や形の葉を観賞する園芸植物。植物園会館にて見頃は1月下旬まで。

 

clematis

クレマチス キロサ ‘ジングル ベル’
 Clematis cirhosa var. purpurascens ‘JingleBells’
 キンポウゲ科
 原種は地中海沿岸地域から小アジアに分布。一般的なクレマチスとは生育サイクルが異なり秋から春にかけて開花する。
 本品種の花は純白で和紙のように繊細な印象。バラ園北側にて見頃は3月まで。

 

四季彩の丘では  

ツワブキ

オオツワブキ
 Farfugium japonicum
 キク科
  原産は日本と台湾に分布しており、つやのある大きな葉をもっている。キクに似た黄色い花をまとめて咲かせるため石蕗の花(つわのはな)とも呼ばれる。
 四季彩の丘にて1月中旬まで見頃。

 

kuronagadaikon 

黒長ダイコン
 Raphanus sativus
 アブラナ科
 ヨーロッパ諸国を中心に栽培されている真っ黒な品種。名前のとおり皮は黒いが、身が白いことが特徴。
 フランス料理などに使われる。四季彩の丘にて3月末まで見頃。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?