ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年2月17日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年2月17日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年2月17日(金曜)現在

 

観覧温室では

ケコンロンカ

ケコンロンカ
 Mussaenda pubescens
 アカネ科
 観覧温室ジャングル室にて開花。中国南部原産。
 白く花のように見える部分は5つに裂けた、がく片の一つが肥大化して色づいたものであり、
 花は橙黄色で星形をしている。
 2月いっぱい見頃。

 

phalenopsis-amabilis

ファレノプシス アマビリス
 Phalaenopsis amabilis
 ラン科
 観覧温室ラン室にて開花。東南アジア原産。コチョウランの原種。
 白花品種の交配親に使われる。2月中旬まで見頃。

樹林地では

 

シナマンサク

シナマンサク
 Hamamelis mollis
 マンサク科
 中国原産。前年の葉を落とさずリボン状の花弁の花を付ける。
 クスノキ並木で。2月下旬まで。
 

ウメ 

ウメ

Armeniaca mume

バラ科

中国原産で奈良時代に渡来した早春を代表する花木。梅林で。2月下旬まで。 

 花壇では

migoro20161223

ハボタン
Brassica oleracea var.acephala cvs.
アブラナ科
原種はヨーロッパ西南部の海岸地帯に自生する。耐寒性の2年草で様々な色や形の葉を観賞する園芸植物。植物園会館にて見頃は2月下旬まで。

 

hanana 

ハナナ
Brassica rapa var. amplexicaulis cv.
アブラナ科
ヨーロッパ原産。切り花や食用に用いられる。大芝生地特設会場にて3月20日まで展示。

 

四季彩の丘では  

じゃのめえりか 

ジャノメエリカ

Erica canaliculata

南アフリカ原産のツツジ科の植物で、桃~薄紫色の花を咲かせる。

名前の由来は、花の中心の黒い部分が蛇の目に見えることから。四季彩の丘にて3月下旬頃まで。

 

kuronagadaikon 

黒長ダイコン
 Raphanus sativus
 アブラナ科
 ヨーロッパ諸国を中心に栽培されている真っ黒な品種。名前のとおり皮は黒いが、身が白いことが特徴。
 フランス料理などに使われる。四季彩の丘にて3月末まで見頃。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?