ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年4月14日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年4月14日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年4月14日(金曜)現在

 

観覧温室では

ジェイドバイン

ジェイドバイン
 Strongylodon macrobotrys
 マメ科
 観覧温室ジャングル室にて開花。フィリピン・ルソン島原産。
 花が青碧色なので、ヒスイカズラともいう。4月いっぱい見頃。

ウンカリナ グランディディエリ

ウンカリナ グランディディエリ
 Uncarina grandidieri
 ゴマ科
 観覧温室砂漠サバンナ室にて開花。マダガスカル原産。
 葉を水に浸すと分泌される粘液がシャンプーとして利用されるためシャンプーの木と呼ばれる。

樹林地では


けんろくえんくまがい

サトザクラ ‘兼六園熊谷’ 
Cerasus ‘Kenrokuen-kumagai’
バラ科
石川県の兼六園に原木がある。ヤマザクラ×ベニヤマザクラとされる。桜品種見本園で。4月中旬まで。
たいはく

サトザクラ ‘太白’ 
Cerasus ‘Taihaku
バラ科
桜品種の中で最も大きな花。イギリスから里帰りした。桜品種見本園で。4月中旬まで。

 花壇では

ちゅーりっぷ

チューリップ
tulip cvs.
ユリ科
約60品種のチューリップを植栽。正門花壇、会館前、球根ガーデン、ワイルドガーデン、沈床花壇前にて見頃は4月下旬まで。

 エキウム シンプレックス

エキウム シンプレックス
Echium simplex
ムラサキ科
カナリア諸島原産。高さ2mを越える株に約2万個の白花を密に咲かせることから「宝石の塔」と呼ばれている。植物展示場にて見頃は4月下旬まで。

四季彩の丘では  

さくらそう 

サクラソウ

Primula sieboldii

サクラソウ科の多年草で日本を代表する有名な山野草の一つ。

4枚の葉の中心から花茎を伸ばし、サクラに似た花を咲かせる。

中国植物園にて5月上旬まで見頃。

しらゆきげし 

シラユキゲシ

Eomecon chionantha

ケシ科の多年草で地下茎で増殖する性質がある。

根生葉は心臓のような形をしており、1つの茎に数輪の白花を咲かせる。

四季彩の丘にて5月中旬まで見頃。 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?