ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年7月14日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年7月14日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年7月14日(金曜)現在

 

観覧温室では

ヒメノカリスカリバエアの写真

ヒメノカリス カリバエア
Hymenocallis caribaea
ヒガンバナ科
西インド諸島原産。芳香のあるユニークな形状をした白い花を次々に咲かせる。ジャングル室にて開花。見頃は7月下旬まで。

 

リンコグロスムガルドネリの写真

リンコグロスム ガルドネリ
Rhynchoglossum gardneri
イワタバコ科
スリランカ原産。独特な青く小さい花が特徴。花弁はこれ以上開かない。冷房室にて開花。見頃は7月下旬まで。

 

樹林地では

ベニスジヤマユリの写真

ベニスジヤマユリ
Lilium auratum var. rubrovittatum
ユリ科
ヤマユリの変種で花弁に鮮やかな紅色の筋が入る。植物生態園で。7月下旬まで。

 

カリガネソウの写真

カリガネソウ
Tripora divaricate
シソ科
花の形を帆掛け船に見立て、ホカケソウとも呼ばれる。植物生態園で。7月下旬まで。

 花壇では

ハゲイトウ‘猩々’の写真

ハゲイトウ ‘猩々’
Amaranthus tricolor ‘Shoujyou’
ヒユ科
野生種は熱帯アジア原産。草丈は2mを越え、成熟すると茎頂から鮮やかに色づく。ワイルドガーデン、植物園会館前にて見頃は8月上旬まで。

 

ヒマワリ‘ロシア’の写真

ヒマワリ ‘ロシア’
Helianthus annuus ‘Russia’
キク科
野生種は北アメリカ原産。本品種は草丈3mを越え、花の大きさも約30㎝になる巨大輪咲きで、洋風庭園東側にて群植している。見頃は8月上旬まで。

四季彩の丘では  

エスカリョニアビフィダの写真

エスカリョニア ビフィダ
Escallonia bifida
エスカロニア科
南アメリカ原産の常緑低木。光沢のある濃い緑色の葉を持つ。四季彩の丘にて7月下旬まで見頃。

 

ホップの写真

ホップ
Humulus lupulus
アサ科
西アジア原産のつる性植物。主にビールの原料として広く生産されている。四季彩りの丘「ハーブ園」にて8月上旬まで見頃。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?