ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年11月10日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年11月10日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

平成29年11月10日(金曜)現在

 

観覧温室では

クレロデンドルムスプレンデンスの写真

クレロデンドルム スプレンデンス
Clerodendrum splendens
シソ科
熱帯西アフリカ、中央アフリカ原産。茎頂または近くの葉腋から半球状の円錐花序に30から50花をつける。
ジャングル室にて開花。見頃は11月下旬まで。

バナナ(園芸品種)の写真 

バナナ(園芸品種)
Musa acuminata cv.
バショウ科
東南アジア原産。花序の上部が雌花で、その次に中性花(子房が退化した花)がつき、その先に雄花をつける。
有用植物質にて開花、結実。見頃は1月下旬まで。

 

 

樹林地では

冬桜の写真

サクラ品種‘冬桜’
Cerasus × parvifolia ‘Fuyu-zakura’
野生種オオシマザクラとマメザクラの種間雑種由来。来春まで咲き続ける。桜林で。

 

イロハモミジの写真

イロハモミジ
Acer palmatum
ムクロジ科
日本で最もよく見られるカエデ属。園での紅葉の深まりは6割程度。なからぎ神社周辺で。

 花壇では

カプシクムバッカツムの写真

カプシクム バッカツム
Capsicum baccatum cv.
ナス科
中南米原産。ユニークな姿形から「UFOピーマン」の名で流通している。観賞用と食用どちらにも用いられる。
北山ワイルドガーデンにて見頃は11月下旬まで。 

キンギョアサガオの写真

キンギョアサガオ
Ipomoea lobata
ヒルガオ科
メキシコから中央・南アメリカ原産。花柄に坪形の花を多数つける。晩秋には花色の濃さが一層増して
鮮やかになる。北山ワイルドガーデンにて見頃は11月下旬まで。 

四季彩の丘では  

サルビアインウォルクラタの写真

サルビア インウォルクラタ
Salvia involucrata  
シソ科
中央アメリカ原産の常緑多年草。花形は穂状と球状のものを次々に咲かせ、葉にはほのかな芳香がある。
四季彩の丘にて11月中旬まで見頃。 

ツバキの写真

四川大東茶(ツバキ)
Polyspora speciosa    
ツバキ科
タイワンツバキ属の常緑高木。葉は長めで厚みがあり、白い花は高い枝に咲かせる。
四季彩の丘にて11月中旬まで見頃。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?