ここから本文です。

おすすめ情報令和元年7月5日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年7月5日(金曜)現在

観覧温室では

デンドロビウムファルメリ

デンドロビウム ファルメリ
Dendrobium farmeri
ラン科
ヒマラヤ~マレー半島原産。野生では樹上に着生するため、属名のデンドロビウムは「デンドロ(木)」と「ビウム(生活する)」に由来する。ラン室で7月上旬まで見頃。

ブルボフィルム マクロブルブム
Bulbophyllum macrobulbum
ラン科
ニューギニア原産。ニューギニアの標高300m~400mの地域に分布し、苔で覆われた木や岩の表面に着生している。冷房室で7月下旬頃まで見頃。

樹林地では

ヤマモモ

ヤマモモ
Morella rubra
ヤマモモ科
中国大陸と日本では関東以南の低地や山地に自生。実はジャムやリキュールにも利用される。森のカフェ西ほかで。

アカバナオガタマ

アカバナオガタマ
Michelia crassipes
モクレン科
中国名は「紫花含笑」。花は紫紅又は黒紫色で強い芳香がある。竹笹園北で7月中旬まで。 

花壇では

ルドベキア ヒルタ ‘プレーリー サン’

ルドベキア ヒルタ ‘プレーリー サン’
Rudbeckia hirta ‘Prairie Sun’
野生種は北アメリカ原産。本品種は、直立した丈夫な茎の頂点に黄金色の花を咲かせる。沈床花壇にて見頃は8月上旬まで。

ハナトラノオ ‘クリスタル ピーク ホワイト’

ハナトラノオ ‘クリスタル ピーク ホワイト’
Physostegia virginiana ‘Crystal Peak White’
野生種は北アメリカ東部原産。本品種は、矮性で純白の花を咲かせる。ワイルドガーデン、沈床花壇にて見頃は9月下旬まで。

四季彩の丘では

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ
Campsis grandiflora
ノウゼンカズラ科
中国中部~南部原産。高さ10m程になるつる性植物。1つの花は短命だが、次々と新しい花を咲かせ続ける。四季彩りの丘にて見頃は7月下旬まで。

ハナハス

ハナハス
Nelumbo cv.
ハス科
園芸品種。インド、中国、日本などを原産とする水生植物。主に花を観賞する目的で栽培されるハスを花ハスと呼ぶ。四季彩りの丘に約200品種展示。見頃は7月下旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?