ここから本文です。

おすすめ情報令和元年7月26日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年7月26日(金曜)現在

観覧温室では

アフリカシタキズル
Marsdenia floribunda
キョウチクトウ科
マダガスカル原産。種小名のフロリブンダ(floribunda)は「花の多い」という意味がある。ラン室にて見頃は8月上旬まで。

 

ゲスネリア ウェントリコサ
Gesneria ventricosa
イワタバコ科
西インド諸島原産。種小名のウェントリコサ(ventricosa)は「腹が大きい」という意味がある。冷房室にて見頃は8月上旬まで。

 

樹林地では

ハマボウ
Hibiscus hamabo
アオイ科
西日本から韓国済州島、奄美大島まで分布。ハイビスカス、ムクゲ、フヨウ等と同属。植物生態園で8月上旬まで。

 

シマタニワタリノキ
Adina rubella
アカネ科
中国原産で人工衛星のような放射状の雌蘂の花が特徴。正門東で7月下旬まで。

花壇では

ヒマワリ ‘ロシア’
Helianthus annuus ‘Russia’
キク科
野生種は北アメリカ原産。本品種は草丈4mを越え、花の大きさも直径40cmほどの巨大輪になる。会館前花壇、ばら園東側にて見頃は8月上旬まで。


カンナ ‘ブロンズスカーレット’
Canna ‘Bronze Scarelet’
カンナ科
野生種は熱帯アメリカに分布。耐暑性が強く夏も咲き続ける。本品種はFLEUROSELECT(欧州花卉審査会)の受賞品種。正門花壇、沈床花壇にて見頃は10月下旬まで。

四季彩の丘では

トウゴマ
Ricinus communis
トウダイグサ科
東アフリカ原産。種子はひまし油の原料となる。属名の「Ricinus(リクヌス)」はラテン語でダニを意味している。
見頃は9月下旬まで。

 

ソープワート(サボンソウ) ‘プレナ’
Saponaria officinalis ‘Plena’
ナデシコ科
園芸品種。葉や茎にはサポニンという成分が含まれており、水につけて揉むと泡立ち、石けんとして利用できる。
見頃は9月下旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?