ここから本文です。

おすすめ情報令和元年8月2日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年8月2日(金曜)現在

観覧温室では

ごれんし

ゴレンシ(花)
Averrhoa carambola
カタバミ科
マレー半島原産。果実の横断面が星型をしていることから、英名はスターフルーツと呼ばれている。有用作物室にて見頃は8月中旬まで。

かくちょ 

カクチョウラン
Phaius tankervilleae
ラン科
沖縄列島、東南アジア、オセアニア南部原産。和名は咲いた花の姿を鶴に見立てたことに由来する。冷房室にて見頃は8月中旬まで。 

樹林地では

ひおうぎ

ヒオウギ
Iris domestica
アヤメ科
葉が宮廷人の持つ檜扇に似ることが和名の由来。植物生態園で8月上旬まで。

さるすべ 

サルスベリ
Lagerstroemia indica
ミソハギ科
樹皮がツルツルで猿でも滑ってしまうという意味の和名。桜林ほかで8月下旬まで。

花壇では

ひまわり

ヒマワリ
Helianthus annuus cvs.
キク科
野生種は北アメリカ原産。植物園会館前、洋風庭園東にて約30品種を植栽展示。見頃は8月中旬まで。

ぷるぐま
ブルグマンシア ‘ゴールデン リープ’
Brugmansia ‘Golden Leap’
ナス科
野生種は熱帯アメリカに分布する。本品種は大型の黄花を垂れ下げて次々に咲かせる。北山広場にて10月上旬まで。

四季彩の丘では

おくら

オクラ
Abelmoschus esculentus
アオイ科
アフリカ北東部原産。日本では一年草として扱われるが、熱帯地方では多年草で高さ5~6mまで成長する。見頃は9月下旬まで。
ひごたい

ヒゴタイ
Echinops setifer
キク科
日本原産。1~1.5m程度の花茎の先につく花は、瑠璃色の小さな花が多数集まり球形になる。絶滅危惧種園にて見頃は8月中旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?