ここから本文です。

おすすめ情報令和元年8月9日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年8月9日(金曜)現在

観覧温室では

migoro190809

メガスケパスマ エリスロクラミス
Megaskepasma erythrochlamys
キツネノマゴ科
ベネズエラ原産。メガスケパスマ(Megaskepasma)は大きな覆うものという意味があり、別名ブラジリアンレッドマントと呼ばれている。ジャングル室にて見頃は8月下旬まで。

 

migoro190809

アスチルベ ルブラ
Astilbe rubra
ユキノシタ科
東アジア原産。花が泡のように広がって咲いていることから、泡盛草とも呼ばれている。高山室にて見頃は8月下旬まで。

 

 

樹林地では

migoro190809

カリガネソウ
Tripora divaricata
シソ科
帆掛け船のような花姿から別名でホカケソウ(帆掛草)とも呼ぶ。植物生態園で8月下旬まで。

 

migoro190809

ポポー
Asimina triloba
バンレイシ科
北米が原産で明治期に渡来した。ねっとりとした食感で甘みと香りが強い。正門東で8月下旬まで。

 
 

花壇では

migoro190809

クササンタンカ
Pentas lanceolata
アカネ科
東熱帯アフリカからアラビア半島南部原産。気温が下がる晩秋まで鮮やかな花を咲かせ続ける。秋を代表する草花。正門前花壇にて見頃は11月上旬まで。

 

migoro190809

チョウセンアサガオ(八重)
Datura metel (Double)
ナス科
野生種はインド原産。世界最古の全身麻酔手術に用いられた麻酔薬「通仙散」の原材料とされている。ワイルドガーデンにて見頃は10月上旬まで。


 

四季彩の丘では

migoro190809

カライトソウ
Sanguisorba hakusanensis
バラ科
本州北部原産。 日本の北国や高山に自生する野草。柔らかそうな花穂には独特の風情がある。佐用の庭にて見頃は8月下旬まで。

 

migoro190809

ルリマツリ
Plumbago auriculata
イソマツ科
南アフリカ原産。1.5mになる半つる性の低木。6~10月にかけ、涼しげな淡青色の5弁花を咲かせる。
見頃は9月下旬まで。

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?