ここから本文です。

おすすめ情報令和元年8月16日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年8月16日(金曜)現在

観覧温室では

Nymphaea gigantea

ニンファエア ギガンティア
Nymphaea gigantea
スイレン科
オーストラリア北部原産。ギガンティア(gigantea)は非常に大きいという意味がある。ジャングル室にて見頃は8月下旬まで。

Parmentiera aculeata

パルメンティエラ アクレアタ
Parmentiera aculeata
ノウゼンカズラ科
メキシコ南部~コスタリカ原産。アクレアタ(aculeata)は針のあるという意味があり、枝の付け根に刺がある。砂漠サバンナ室にて見頃は8月下旬まで。

 

樹林地では

 Clerodendrum trichotomum

クサギ
Clerodendrum trichotomum
シソ科
葉を揉むと強い臭気がある。秋の実も特徴的。植物生態園で8月下旬まで。

Strobilanthes oligantha

スズムシバナ
Strobilanthes oligantha
キツネノマゴ科
鈴虫の泣き出す頃に咲くというのが和名の由来。植物生態園で9月上旬まで。

花壇では

Celosia argentea cv

ノゲイトウ
Celosia argentea cv.
ヒユ科
野生種はインド原産。光沢のある花は秋により色鮮やかになる。観覧温室前花壇、沈床花壇にて見頃は10月上旬まで。

Solanum melongena 'koushien' 

ナス ‘甲子園’
Solanum melongena ‘Koshien’
ナス科
ナスの園芸品種。その名前のとおり白球をイメージさせる果実をつけるが、熟すと黄色になる。正門前花壇、ワイルドガーデンにて見頃は10月上旬まで。

 

四季彩の丘では

Camellia azalea

アザレアツバキ
Camellia azalea
ツバキ科
中国(広東省)原産。通常ツバキの花は冬~春に咲くが、アザレアツバキは夏に咲く。中国植物園にて、見頃は9月上旬まで。

Patrinia scabiosifolia

オミナエシ(女郎花)
Patrinia scabiosifolia
オミナエシ科
日本、中国~シベリア。 日本では沖縄を除く全土に分布しており、秋の七草の一つとして知られる。見頃は9月上旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?