ここから本文です。

おすすめ情報令和元年8月30日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年8月30日(金曜)現在

観覧温室では

オヒルギ

オヒルギ
Bruguiera gymnorhiza
ヒルギ科
東アフリカ~東南アジア、オーストラリア、オセアニアの熱帯地域、南西諸島原産。ギムノリザ(gymnorhiza)は、根の露出したという意味がある。ジャングル室にて見頃は9月中旬まで。

パウォニア ストリクティフロラ

パウォニア ストリクティフロラ
Pavonia strictiflora
アオイ科
ブラジル原産。ストリクティフロラ(strictiflora)は、直立した花という意味がある。ジャングル室にて見頃は9月中旬まで。

樹林地では

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
Adenophora triphylla
キキョウ科
淡紫色の下を向いた鐘形の花を輪生状に咲かせる。植物生態園で9月上旬まで。
ナンバンギセル

ナンバンギセル
Aeginetia indica
ハマウツボ科
葉緑素がなく光合成できないためススキなどに寄生する寄生植物。植物生態園で9月上旬まで。

花壇では

キバナセンニチコウ

キバナセンニチコウ
Gomphrena haageana
ヒユ科
野生種はテキサス~メキシコ原産。花数はセンニチコウ(G.globosa)に比べると少ないが、花が大きく色も鮮やかな橙色で美しい。ワイルドガーデンにて見頃は10月下旬まで。

ミツバオオハンゴンソウ ‘タカオ’

ミツバオオハンゴンソウ ‘タカオ’
Rudbeckia triloba ‘Takao’
キク科
野生種は北アメリカ原産。黒目が可愛らしい小花を長い間咲き続ける。ワイルドガーデンにて10月上旬まで。

四季彩の丘では

キバナツノゴマ

キバナツノゴマ
Ibicella lutea
ツノゴマ科
南アメリカ原産。高さ50cmほどに育つ1年性の食虫植物。結実する果実の形状から悪魔の爪などの別名がある。見頃は9月中旬まで。

モミジアオイ

モミジアオイ
Hibiscus coccineus
アオイ科
北アメリカ原産。 細いモミジの葉に似ているのが和名の由来。別名「紅蜀葵(こうしょっき)」。見頃は9月上旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?