ここから本文です。

おすすめ情報令和元年9月20日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年9月20日(金曜)現在

観覧温室では

ホフマニア レフルゲンス

ホフマニア レフルゲンス
Hoffmannia refulgens
アカネ科
メキシコ原産。レフルゲンス(refulgens)は光り輝くという意味がある。ジャングル室にて見頃は9月下旬まで。
アデニウム スワジクム
アデニウム スワジクム
Adenium swazicum
キョウチクトウ科
アフリカ原産。アデニウム(Adenium)はイエメンにあるアデンいう地名に由来する。砂漠サバンナ室にて見頃は9月下旬まで。 

樹林地では

ツリフネソウ

ツリフネソウ
Impatiens textorii
ツリフネソウ科
辺などのやや湿った薄暗い場所に自生。釣り下げられた帆掛け船に見立てた和名。植物生態園で10月上旬まで。

サクラタデ
サクラタデ
Persicaria odorata
タデ科
湿地に群生する多年草。地下茎を伸ばして増える。植物生態園で10月上旬まで。

花壇では

チョウセンアサガオ(八重)

チョウセンアサガオ(八重)
Datura metel (Double)
ナス科
野生種はインド原産。世界最古の全身麻酔手術に用いられた麻酔薬「通仙散」の原材料とされている。ワイルドガーデンにて見頃は10月上旬まで。

クササンタンカ

クササンタンカ
Pentas lanceolata
アカネ科
東熱帯アフリカからアラビア半島南部原産。気温が下がる晩秋まで鮮やかな花を咲かせ続ける。秋を代表する草花。正門前花壇、ワイルドガーデンにて見頃は11月上旬まで。

四季彩の丘では

ヒガンバナ

ヒガンバナ
Lycolis radiata
ヒガンバナ科
東アジア原産。お彼岸の時期に咲くことで知られる。花茎の先に集散花序をつけ赤い花を5~7輪つける。水車小屋付近にて見頃は一週間程度。

アキザキスノーフレーク 

アキザキスノーフレーク
Acis autumnalis
ヒガンバナ科
ポルトガル、モロッコ、イオニア諸島原産。一般に知られるスノーフレークの開花期は4月であるが、この種は名前の通り秋に咲く。新球根ガーデンにて見頃は10月上旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?