ここから本文です。

おすすめ情報令和元年10月4日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年10月4日(金曜)現在

観覧温室では

migoro191004

オウコチョウ
Caesalpinia pulcherrima
マメ科
西インド諸島原産。プルケリマ(pulcherrima)は「最も美しい」という意味がある。ジャングル室にて見頃は10月中旬まで。

 

migoro191004

アカンツス イリキフォリウム
Acanthus ilicifolium
キツネノマゴ科
東南アジア原産。イリキフォリウム(ilicifolium)は「セイヨウヒイラギのような葉」という意味がある。ジャングル室にて見頃は10中旬まで。

樹林地では

migoro191004

シリブカガシ
Lithocarpus glaber
ブナ科
どんぐりの成る木では秋に開花する珍しい種。正門前ほかで10月下旬まで。



 

migoro191004

スイバノキ
Oxydendrum arboreum
ツツジ科
北米原産で世界三大紅葉木のひとつ。別名はスズランノキ。10月下旬まではなしょうぶ園東で。

 

 

花壇では

migoro191004

センニチコウ
Gomphrena globosa cv.
ヒユ科
野生種は熱帯アメリカ原産。花は乾燥しても色あせないため、ドライフラワーとしても利用される。観覧温室前花壇、ワイルドガーデンにて見頃は10月中旬まで。

 

migoro191004

フレンチマリゴールド
Tagetes patula cv.
キク科
野生種はメキシコ原産。ヨーロッパに導入される時に、フランスを経て広がったためこの名がついた。沈床花壇、正門前花壇にて見頃は11月上旬まで。


 

四季彩の丘では

migoro191004

ヒメフヨウ
Malvaviscus arboreus
アオイ科
メキシコ原産。3cm程の赤い花が上向きに咲く。花弁はこれ以上開くことはなく雌しべが飛び出す。見頃は10月下旬まで。

 

migoro191004

サルビア レウカンタ
Salvia leucantha
シソ科
北アメリカ原産。秋咲きサルビアの代表種で、紫色の花は霜が降りるまで長く楽しめる。見頃は11月下旬まで。

 
 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?