ここから本文です。

おすすめ情報令和元年10月18日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年10月18日(金曜)現在

観覧温室では

クリヌム キサントフィルム
Crinum xanthophyllum
ヒガンバナ科
マレーシア原産。黄色葉をしていることから、クリヌム(Crium)はユリ、キサントフィルム(xanthophyiium)黄色葉の意味がある。ジャングル室にて見頃は10月下旬まで。 

シャムソケイ
Jasmium nobile
モクセイ科
インド、中国原産。和名のシャムソケイは「タイのジャスミン」という意味がある。ジャングル室にて見頃は10月下旬まで。

樹林地では

キンモクセイ
Osmanthus fragrans var. aurantiacus
モクセイ科
中国原産で特徴的な香りの花木。植物園では今期二度目の開花。植物園会館前ほかで10月下旬まで。
 

カンレンボク
Camptotheca acuminata
ヌマミズキ科
中国南部原産。小さなバナナが集まったような独特の実。あじさい園で10月下旬まで。 

花壇では

ヒャクニチソウ
Zinnia elegans cvs.
キク科
野生種はメキシコ原産。戦後に切り花や花壇苗とし改良、普及が進み青色を除いたほとんどの花色がある。沈床花壇、正門前花壇にて見頃は11月中旬まで。

パパイヤ
Carica papaya cv.
パパイヤ科
野生種はメキシコ南部からコスタリカ原産。花は幹に直接つく幹生花(かんせいか)。果実は最大でラグビーボール程になる。観覧温室前花壇にて見頃は11月上旬まで。

四季彩の丘などでは

バラ ‘ピース’
Rosa hybrida ‘Peace’
バラ科
園芸品種。第二次世界大戦終結後、世界中の平和を願い「ピース」と命名された。他にも308品種1350株のバラが
開花中。バラ園にて見頃は11月上旬まで。

シクラメン アフリカヌム
Cyclamen africanum
サクラソウ科
北アフリカ原産。秋咲きの野生種。葉は開花後に出て来る。かすかに香る紫紅色~淡桃色の花を咲かせる。四季彩りの丘南の新球根ガーデンにて見頃は11月中旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?