ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園見頃の花情報
1999.12.13現在
 
冬 支 度


・ソテツのコモ囲いCycas revolutaソテツ科
・カンボタン(寒牡丹)のワラボッチPaeonia suffruticosa cv.ボタン科


ソテツのコモ囲いカンボタンのワラボッチ


果実いろいろ


・ナナミノキIlex chinensisモチノキ科  盆栽展示場向い

赤色   雌雄異株  西日に映える赤色は鮮やか
・センダンMelia azedarach var. subtripinnataセンダン科  大芝生地南

淡黄色  核を数珠の玉に使う
西行法師の「栴檀は双葉より芳し」のセンダンはビャクダン科のもので、本種とは全く別である。
・カンレンボクCamptotheca acuminataニッサ科
淡黄色  中国原産  昭和12年南京総陵理植物園から種子を導入し同20年に定植した果実はまるでミニミニバナナ風
・センリョウChloranthus glaberセンリョウ科  生態園

朱色   マンリョウ・ヤブコウジとともに正月の縁起ものの植物として使われている
・キミノセンリョウChloranthus glaber var. flavaセンリョウ科  生態園

黄色 上記センリョウの変種 生態園のシダゾーンにひっそりと生育
・ムラサキシキブCallicarpa japonicaクマツヅラ科 生態園

紫色  平安時代の才媛「紫式部」にちなんで名付けられた
・ウメモドキIlex serrataモチノキ科  生態園

赤色   雌雄異株  果実は落葉後も枝に残る
・ニセジュズネノキ
Damnacanthus majorアカネ科  生態園
赤色   トゲは葉より短い
・アリドオシDamnacanthus indicusアカネ科  生態園
赤色   葉とほぼ同じ長さの鋭いトゲがある
・ネズミサシJuniperus rigidaヒノキ科   生態園
黒色   雌雄異株  針葉は3個が輪生
・サカキCleyera japonicaツバキ科  半木神社
黒色   果実には光沢がある   枝・葉を神事に用いる
・ユサンKeteleeria davidiana var. formosanaマツ科   ワイルドガーデン

松かさは茶褐色  台湾原産でシマモミともいう  横枝は四方
に開出する
・クコLycium chinenseナス科  宿根草・薬用植物園

赤色  古くから薬用として利用
・サネカズラKadsura japonicaマツブサ科 宿根草・薬用植物園

赤色  常緑のツル性  別名ビナンカズラ
・ゴレンシAverrhoa carambolaカタバミ科 観覧温室有用作物ゾーン

淡黄色 果実の横断面が5角の星形からstar fruitともよぶ
・パパイアCarica papayaパパイア科 観覧温室有用作物ゾーン

黄褐色 有名な熱帯果樹の1つ
・パイナップルAnanas comosus 'Smooth Cayenne'パイナップル科 観覧温室ランゾーン

黄赤色 品種名が示すように葉縁に刺状の鋸葉がなく滑らか


ナナミノキ

センダンカンレンボクセンリョウ

キミノセンリョウムラサキシキブウメモドキ

ニセジュズネノキ

アリドオシネズミサシサカキ


クコ


ゴレンシパパイアパイナップル


ポインセチア展開催中
観覧温室内の森林生多肉植物室において好評開催中です。23日まで。
ポインセチアはメキシコなど中央アメリカ原産の低木で、熱帯・亜熱帯地域では高さ3mから5mにもなります。
日本などの北半球地域では、観賞部の(ほう)の着色期が、自然日長下で12月頃に当たるため、クリスマス用の鉢物として人気があります。
今回、昔の品種から最新の品種まで約30品種・300鉢を展示しています。赤色、淡黄色、白色など存分にお楽しみください。





森と小川の教室
第3回目を終了しました
日 時
平成11年12月11日  9:00〜15:00
場 所
なからぎの森 ほか
カエルの歌の輪唱、宝さがし、冬をさがそう、発表などなど
元気な一日を楽しく過ごしました。




展示会の御案内
・第8回ポインセチア展H11.12.3〜23観覧温室
・季節の植物観察会H11.12.18「温室植物について」
・第8洋ラン展H12.1.21〜2.13観覧温室
・第2回トロピカルプランツ展H12.2.18〜3.5観覧温室
・第8回春蘭展H12.3.10〜12植物園会館
・植物園教室H.12.3.12「シュンランについて」 植物園会館
・第13回早春の山野草展H.12.3.16〜20植物園会館
・第40回つばき展H.12.3.24〜26植物園会館
・季節の植物観察会H.12.3.25「園内ツバキ探訪」
・第21回京都盆栽展H12.4.7〜10植物園会館
・植物園教室H12.4.9「盆栽について」 植物園会館
・第9回球根ベゴニア展H12.4.14〜5.5観覧温室
・第8回しゃくなげ展H12.4.21〜23植物園会館
・季節の植物観察会H12.4.22「サクラについて」
・第39回山草野草展H12.4.29〜5.5くすのき並木特設展示場
・第21回エビネ展H12.4.29〜5.5植物園会館
・植物園教室H12.5.3「エビネについて」 植物園会館
・第5回イワチドリと小町蘭展H12.5.6〜7植物園会館
・第7回長生蘭展H12.5.12〜14植物園会館
・第9回フクシア展H12.5.12〜28観覧温室
・第37回さつき展H12.5.20〜26くすのき並木特設展示場
・季節の植物観察会H12.5.20「バラについて」
・植物園教室H12.5.21「サツキについて」
・第27回サボテン展H12.5.26〜28植物園会館
・植物園教室H12.5.28「サボテンについて」
・第3回初夏の洋ラン展H12.6.9〜25観覧温室
・第8回ウチョウラン展H12.6.16〜18植物園会館
・植物園教室H12.6.17「ウチョウランについて」
・季節の植物観察会H12.6.17「ハナショウブについて」

変更される場合があります。詳しくは、電話075-701-0141 までお問い合わせください。



見頃の花情報インデックスへ


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.