ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園見頃の花情報
2000.6.11現在


初夏の洋ラン展開催中!
6月25日まで
観覧温室にて
洋ランといえば冬から早春のイメージがあります。
この展示会では、一般にはなかなかお目にかかることのない初夏咲きの洋ラン葯150鉢を展示しています。

レリオカトレア ミニパープル ’ヒルフィールド’ 園芸品種
X Laeliocattleya Mini Purple ’Hill Field’
デンドロビウム デアレイ フィリピン原産
Dendrobium dearei
デンドロビウム アグレガツム マユス インド、中国南部、マレーシア原産
Dendrobium aggregatum var. majus
パフィオペディルム フィリピネンセ アルブム フィリピン原産
Paphiopedillum phillippinense var.album
シンビジウム ’ブラックシャワー’  園芸品種
Cymbidium ’Black Shower’

レリオカトレア ミニパープル ’ヒルフィールド’デンドロビウム デアレイ デンドロビウム アグレガツム マユス
パフィオペディルム フィリピネンセ アルブムシンビジウム ’ブラックシャワー’



観覧温室では
洋ランのほかにも次の植物が見頃です。
 
・カラテア ブルレーマルクシー ’アイスブルー’
Calathea burle−marxii var.Ice Blue
クズウコン科  ブラジル原産   青味を帯びた白色が目にも鮮やかです。
・アロプレクツス カピタツス
Alloplectus capitatus
イワタバコ科  西インド諸島原産  強烈な花色と葉に入る白色の斑が美しい。
・アデニウム オべスム
Adenium obesum
キョウチクトウ科  アラビア半島から東アフリカ原産  「砂漠のバラ」と呼ばれています。

カラテア ブルレーマルクシー ’アイスブルー’ アロプレクツス カピタツスアデニウム オべスム



宿根草・有用植物園では

・イモカタバミ カタバミ科
Oxalis articulata
開花期が長く、ふりどり植物としての利用価値があります。
・サルビア・ミクロフィラ シソ科
Salvia microphylla
一般的には「チェリー・セージ」の名で流通しています。
・モモイロヒルザキツキミソウ アカバナ科
Oenothera berlandiery
「ツキミソウ(Oenothera tetraptera)」は夕方から開花し、はじめは純白
明け方に濃いオレンジ色となりますが、本種は昼咲きで花色はピンクです。
・ルリギク’ブルースター’ キク科
Stokesia laevis ’Blue Star’
原種では淡紫色の花ですが、最近、白や黄色の花をつける品種が作出されています。
・スイレン スイレン科
Nymphaea cvs.   
耐寒性のスイレンを展示しています。花色はピンク、白、クリームなど。

イモカタバミサルビア・ミクロフィラ
モモイロヒルザキツキミソウ ルリギク スイレン



花壇では

・アリウム・ギガンチュームユリ科     植物園会館前
Allium giganteum
直径12cmほどの巨大なネギボウズが目を引きます。花茎は1.5m。
・ダイアンサス ’メロディー ピンク’ナデシコ科   ワイルドガーデン
Dianthus ’Melody Pink’
高さ50cmほど。カワラナデシコに似たピンク色の花をスプレー状に多数つけます。
2000年のAAS(All American Selection)金賞。
・キンギョソウゴマノハグサ科  正面花壇
Antirrhinum majus
金魚の尾ビレを連想させる花型で、赤・オレンジ・黄・白など花色は豊富です。
・カンパニュラ(フウリンソウ)キキョウ科   沈床花壇
Campanula medium
高さ1mほど。紫・青・ピンク・白色などの花色、釣鐘型の花型が特徴です。
・ハナショウブアヤメ科   ハナショウブ園
Iris ensata cvs.
江戸・肥後・伊勢などの系統に分かれた園芸品種も多く、花色も紫・ピンク・白色など豊富に
あります。
花弁(外花被)の付け根が黄色く色着きますのでアヤメやカキツバタとの区別が可能です。

アリウム・ギガンチューム ダイアンサス ’メロディー ピンク’
キンギョソウ  カンパニュラ
ハナショウブ園ハナショウブ



植物生態園では

・イワガラミ ユキノシタ科
Schizophragma hydrangeoides
ツル性植物で、白色の美しい装飾花をつけます。
・アサザ ミツガシワ科
Nymphoides peltata
スイレンに似た葉に小さいが鮮やかな黄色の花が美しい。
・ミズキンバイ アカバナ科
Ludwigia stipulacea
水中に生育し、黄金色の花がキンポウゲ科の「キンバイソウ」に似ていることからこの名がつき
ました。

イワガラミアサザ ミズキンバイ
 
 
アジサイ園では
  
・ミヤマヤエムラサキ
Hydrangea serrata ’Miyamayaemurasaki’
京都府美山町で発見された八重咲きのヤマアジサイです。
・タンゴナデシコヤマアジサイ
Hydrangea serrata ’Tangonadeshiko’
京都府の丹後半島で発見されたヤマアジサイで、ガク片の縁にはギザギサ(鋸歯)があります。
・シチダンカ
Hydrangea serrata f.prolifera
江戸時代から知られていましたが、絶滅して幻のアジサイといわれていました。戦後、六甲山で
発見され、葉はややかたく花色は淡い青かピンクとなります。
・クレナイヤマアジサイ
Hydrangea serrata ’Kurenai Yama Azisai’
ガク片ははじめ純白から鮮やかな紅色に変化します。
・モモバナヤマアジサイ
Hydrangea serrata ’Pink Yama Azisai’
ガク片のピンク色はなんともいえず、優雅。

ミヤマヤエムラサキタンゴナデシコヤマアジサイ
シチダンカクレナイヤマアジサイモモバナヤマアジサイ
             
 
その他園内では
スモークツリー(Cotinus coggygria ウルシ科)、タイサンボク(Magnolia grandiflora モクレン科)、
ザクロ(Punica granatum ザクロ科)などの樹木に花が咲いています。
 
スモークツリー タイサンボク ザクロ



展示会の御案内
 
第3回初夏の洋ラン展 6/9〜25 観覧温室
第8回ウチョウラン展 6/16〜18 展示室
植物園教室 6/17 「ウチョウランについて」
季節の植物観察会 6/17 「ハナショウブについて
第1回富貴蘭展 7/7〜9 展示室
第3回サトイモ科植物展 7/14〜30 観覧温室
季節の植物観察会 7/15 「夏の草花、花壇について」
第41回朝顔展 7/28〜8/1 くすのき並木特設展示場
第9回食虫植物展 8/11〜27 観覧温室室
第2回夏咲きエビネ展 8/18〜20 展示室
季節の植物観察会 8/19 「食虫植物について
植物学習相談会 8/29、30 研修室
日程等に変更が生じる場合がありますので、075−701−0141までお問い合わせください。



見頃の花情報インデックスへ


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.