ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園見頃の花情報
2000.7.27現在
 
第41回朝顔展開催!


クスノキ並木特設展示場にて7月28日から8月1日まで
展示数は延べ約1,500鉢(毎日入れ替えます)
期間中、早朝6:30に開園


夏の風物詩「京都府立植物園朝顔展」を開催しています。
日本でも有数の歴史を誇るこの朝顔展は展示数はもとより、技術的にもすばらしいものがあります。

大輪のアサガオを咲かせる「行灯(あんどん)作り」、京都独特の「数咲き作り」、江戸時代に全盛を見、
いまでは貴重な「変化アサガオ」など、その大きさと色とりどりのアサガオを観賞してください。


・大輪アサガオ花の直径が20cmを超えるものや、多彩な花色の品種があります。
・行灯(あんどん)作り 支柱に伸びたツルに花を咲かせたもので、その姿が行灯に似ていること
から名付けられました。
・数咲き作り 明治20年以来の栽培歴史があり、一鉢に10輪以上の花を同時に咲か
せる京都独特の栽培法です。
・変化アサガオ
江戸時代に作り出されたもので、茎葉や花の特異な姿形を観賞します。
品種・系統の保存が困難なものが多く、今では一部の団体・個人により
辛うじて保存されています。


朝顔展風景
朝顔展風景


行灯作り数咲き作り
行灯作り数咲き作り


変化アサガオ 品種名:鶏足柳葉紺撫子咲牡丹切り込み作り
変化アサガオ
品種名:鶏足柳葉紺撫子咲牡丹
(けいそくやなぎばこんなでしこざきぼたん)
切り込み作り

写真は昨年度のもの


見頃の花情報インデックスへ


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.