ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園見頃の花情報
2000.9.27日現在
 
 
植物生態園では
・フジバカマ
 Eupatorium fortunei
 キク科   秋の七草の一つ。葉を半乾きにすると芳香物質クマリンの香りがする。
・ススキ
 Miscanthus sinensis
 イネ科   秋の七草の一つで、「カヤ」・「枯尾花」などの別名がある。
・ワレモコウ
 Sanguisorba officinalis
 バラ科   葉はスイカのような香りがする。生花によく使われ、人気がある。
ススキとフジバカマワレモコウ



会館前花壇では
・ソライロアサガオ ヘブンリーブルー’
 Ipomoea tricolor Heavenly Blue’
 ヒルガオ科    つる性の草花で夕方近くまで咲いている。
          花は澄んだ青色、晩秋まで楽しめる。
ソライロアサガオ ヘブンリーブルー’



沈床花壇では
・ゴシキトウガラシ
 Capsicum annum cv.
 ナス科       観賞用のトウガラシで高さ30cmほどの矮性。
           花は白色。果実は和名のとおり、熟すにつれてクリーム色から
           黄、オレンジ、赤へと変化する。
・ナス’甲子園’
 Solanum melongena Koshien
 ナス科      観賞用のナス。果実は白色で球形。
          熟すると黄色に変化するが、まさに甲子園の白球である。
ゴシキトウガラシナス 甲子園’



正面花壇では
・メランポディウム
  Melampodium paludosum cv.
  キク科      草丈は60cmほどと低い。
           直径2cm程度の黄色い花が株を覆うように咲く様は壮観。
           暑さに強く秋遅くまで咲く。
・トウワタ
 Asclepias curassavica cv.
 ガガイモ科    草丈は1.5m以上。濃橙色や黄色の花をつける。
          果実の中には綿のような冠毛をつけた種子が入っている。
メランポディウムトウワタ



宿根草・薬用植物園では
・スイフヨウ
 Hibiscus mutabilis f. versicolor
 アオイ科    八重咲き。朝の開花時は白色であるが、夕方には桃色に変化する。
         「スイフヨウ=酔芙蓉」は妙を得た和名である。
・サルビア・レウカンサ
 Salvia leucantha
 シソ科     秋咲きサルビアの代表種で、紫色の花は、霜が降りるまで長く楽しめる。
・コルチカム ジャイアント’
 Colchicum  Giant’
 ユリ科     球根を卓上に置きっぱなしでも花が咲く。
・パンパスグラス
 Cortaderia selloana
 イネ科     アルゼンチンからブラジル南部原産。日本には明治中期に渡来。
         切り花やドライフラワーに人気がある。
スイフヨウ
午前中は純白
スイフヨウ
夕方には淡いピンク
スイフヨウ
翌朝は紅色となりやがて落花する
次の花が咲いている
サルビア・レウカンサコルチカム ジャイアント’パンパスグラス



観覧温室では
・オウコチョウ
 Caesalpinia pulcherrima  西インド諸島原産
 マメ科        紅色の雄しべと花柱が長く突き出る。
・ゴレンシ
 Averrhoa carambola
 カタバミ科      東南アジアを中心に熱帯・亜熱帯地方で果樹として栽培される。
・ロドデンドロン・ヤスミニフロルム
 Rhododendron jasminiflorum  マレー半島原産
 ツツジ科       花冠は長さ約4cmの盆形で、5裂し、純白。
・奇想天外
 Welwitschia mirabilis
 ヴェルヴィッチア科  ナミビアからアンゴラにかけてのナミブ砂漠に原産する裸子植物で、            雌雄異株。当園には雌株がある。
            終生2枚の葉で過ごし、自生状態で推定2000年のものが知られている。
            和名はサバクオモト。
オウコチョウ ゴレンシ
ロドデンドロン・ヤスミニフロルム奇想天外



催し物の御案内
・第20回秋の山野草としだ展10/5〜9植物園会館
・植物園教室10/8秋の山野草について
・第10回きのこ展10/13〜15植物園会館
・季節の植物観察会10/14キノコの観察
・植物園教室10/15キノコについての講演会
・第33回バラ展10/20〜22植物園会館
・第34回菊花展10/20〜11/15大芝生地
・植物園教室10/22植物園会館
・第3回秋の盆栽展10/27〜30植物園会館
・植物園教室10/29盆栽についての講習会
・第16回菊花切花展11/3〜5植物園会館
・第9回フラワーデザイン展11/10〜12植物園会館
・植物園教室11/12フラワーデザインについての講習会
・第9回寒蘭展11/17〜19植物園会館
・植物園教室11/19寒蘭についての講習会
・第2回ジェスネリアード展11/24〜12/10観覧温室
・季節の植物観察会11/25紅葉について
・第9回ポインセチア展12/1〜23観覧温室
・季節の植物観察会12/16温室植物について
 
詳しくは,電話075-701-0141までお問い合わせください。

見頃の花情報インデックスへ


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.