ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物


京都府立植物園見頃の花情報
2000.10.26日現在


植物生態園では
・ホトトギス
 Tricyrtis hirta  ユリ科
 花にある斑点を鳥のホトトギスの胸毛の斑点に見立てた。
 植物生態園内では、このほかに、ヤマホトトギス、シロバナホトトギス、キイジョウロウ
 ホトトギスを植栽している。
・シュウメイギク
 Anemone hupehensis var. japonica  キンポウゲ科
 キクに似た花をつけ別名キブネギク(貴船菊)ともいうが、キクの仲間ではない。
 地下に匍匐枝を出して増える。
・ガマズミ(果実)
 Viburnum dilatatum  スイカズラ科
 花は5〜6月に白く咲くが、果実は紅色となる。
・コバノガマズミ(果実)
 Viburnum erosum  スイカズラ科
 ガマズミに比べ、葉も果実も小さい。紅色の果実は鮮やか。
ホトトギス シュウメイギク 
ガマズミコバノガマズミ



会館前花壇では
・コスモス
 Cosmos bipinnatus cvs. メキシコ・アメリカ南部原産  キク科
 種まきの時期を遅らせると(8〜9月)、草丈低く咲かすことができる。
 花色は赤、桃、白など。
 北山門周辺のワイルドガーデンにもある。

大芝生地西では
・コスモス ’イエローキャンパス’
 Cosmos bipinnatus  ’Yellow Campus’  キク科
 花びらの基部は白くなるが、きれいな黄色が目を引く。
・コスモス ’オレンジキャンパス’
 Cosmos bipinnatus ’Orange Campus’  キク科
 淡いオレンジ色のコスモス
コスモス
コスモス ’イエローキャンパス’
コスモス ’オレンジキャンパス’


沈床花壇では
・フェリキア・アモエナ
 Felicia amoena  南アフリカ原産  キク科
 草丈40cmほどで直径3〜4cmの水色の花が咲く。
 暑さ、寒さに弱いが、春と秋によく咲く。
正面花壇では
・クッションマム
 Chrysanthemum cvs.  交雑種  キク科
 草丈30cmほどの矮性のキク。春に種をまいて育てると自然に分枝を繰り返し、
 ドーム型の草姿になる。
 花色は、赤・桃・黄・オレンジ・白などとたいへん豊富。
・ジニア(ヒャクニチソウ)
 Zinnia elegans ’Dreamland’  メキシコ原産  キク科
 草丈30〜40cmの花壇向きの矮性種。
 直径9cmと大輪。花色は、赤・桃・黄・白など。
・マリーゴールド’ゼニス’
 Tagetes ’Zenith’  交雑種  キク科
 フレンチマリーゴールド(Tagetes erecta)とアフリカンマリーゴールド(T. patula)による
 交配種で、黄や濃橙色の大輪花をつける。丈夫で多花性。
フェリキア・アモエナクッションマム
ジニア(ヒャクニチソウ) マリーゴールド ’ゼニス’


宿根草・薬用植物園では
・レオノティス・レオヌルス
 Leonotis leonurus  南アリカ原産  シソ科
 高さ2m以上にもなる宿根草。霜が降りるまで鮮やかなオレンジ色の花が楽しめる。
・サルビア・レウカンサ
 Salvia leucantha  メキシコ〜熱帯アメリカ原産  シソ科
 秋咲きサルビアの代表種で、紫色の花は、霜が降りるまで長く楽しめる。
 一般的に非耐寒性として扱われているが、防寒すれば京都でも越冬可能で宿根する。
・ヒメツルヒバ
 Polygonum capitatum  ヒマラヤ原産  タデ科
 グランドカバープランツに最適で、性質も強い。雑草化が心配なほどである。
 霜が降りるまでピンクの花が楽しめる。
・ウインターコスモス
 Bidens laevis  フロリダ・テキサス・カリフォルニア原産  キク科
 黄色のコスモス様の花を咲かせる。雑草化に要注意。
・サルビア・マドレンシス’イエローマジェスティー’
 Salvia madrensis ’Yellow Majesty’
 サルビア属の中では数少ない黄花種で秋咲き。
 防寒することにより、京都でも越冬可能で宿根する。
レオノティス・レオヌルスサルビア・レウカンサ ヒメツルヒバ
 ウインターコスモスサルビア・マドレンシス’イエローマジェスティー’


観覧温室では
・オウコチョウ
 Caesalpinia pulcherrima  西インド諸島原産  マメ科
 最近、非常に花つきよく咲いている。
・ブルグマンシア・ウェルシコロル
 Brugmansia versicolor  エクアドル原産  ナス科
 オレンジ色の花が多数下垂して咲く様は壮観。
・ビジンショウ
 Musa coccinea  中国大陸南部〜インドシナ半島原産  バショウ科
 緑の中にあって濃オレンジ色の花はひときわよく目立つ。
・カカオ
 Theobroma cacao  熱帯アフリカ  アオギリ科
 果実はますます大きくなってきた。
・グスマニア ’グランプリ’
 Guzmania ’Grand Prix’  交雑種  パイナップル科
 燃えるような紅色が鮮やか。
オウコチョウブルグマンシア・ウェルシコロル
ビジンショウ カカオグスマニア ’グランプリ’



催し物の御案内
・第34回菊花展10/20〜11/15大芝生地
・第3回秋の盆栽展10/27〜30植物園会館
・植物園教室10/29盆栽についての講習会
・第16回菊花切花展11/3〜5植物園会館
・第9回フラワーデザイン展11/10〜12植物園会館
・植物園教室11/12フラワーデザインについての講習会
・第9回寒蘭展11/17〜19植物園会館
・植物園教室11/19寒蘭についての講習会
・第2回ジェスネリアード展11/24〜12/10観覧温室
・季節の植物観察会11/25紅葉について
・第9回ポインセチア展12/1〜23観覧温室
・季節の植物観察会12/16温室植物について
詳しくは,電話075-701-0141までお問い合わせください。

見頃の花情報インデックスへ


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.