ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園見頃の花情報
2001.6.29現在


 
アジサイ
西洋アジサイ’アイスフォーゲル’西洋アジサイ’ムーブ’
西洋アジサイ’リベラバイス’西洋アジサイ’リラシナ’
西洋アジサイ’ブラオーマイゼ’西洋アジサイ’ナイチンゲール’
西洋アジサイ’テラーホワイト’




宿根草・薬用植物園では
・ノウゼンカズラ   Campsis grandiflora        ノウゼンカズラ科
 中国中〜南部原産
 鮮やかなオレンジ色は本格的な夏の到来を予感させてくれる。
・サルビア・ミクロフィラ    Salvia microphylla         シソ科
  メキシコ原産。
 蝶のようなハート型の赤い花をつける。チェリーセージの名で流通。
・サルビア・グアラニティカ   Salvia guaranitica          シソ科
  ブラジル、ウルグアイ原産
  濃紫色の花は印象的。メドーセージの名で流通。
・スイレン           Nymphaea cv.          スイレン科
  交雑種
  耐寒性スイレン、熱帯性スイレン、パラグアイオニバスなども展示。
・チョウセンアザミ       Cynara scolymus          キク科
  地中海沿岸原産。 
  青紫色の花が次々と咲く。本種を改良したアーティチョークは食用として知られて  いる。
 ・ハス         Nelumbo nucifera cvs.          スイレン科
  熱帯、温帯アジア、オーストラリア北部
  盆花としてなじみ深いが、開花は6月下旬から7月下旬。
 「蜀紅蓮」、「大賀蓮」、「孫文蓮」など品種は多数ある。
・エキナケア・プルプレア     Echinacea purpurea        キク科
 北米原産
  梅雨のころから咲きはじめ、長期間楽しめる。
  ムラサキバレンギクの別名がある。耐寒性が強い。  
ノウゼンカズラハス ’蜀紅蓮’
エキナケア プルプレア




花壇では
・クレオメ     Cleome hassleriana         フウチョウソウ科
  熱帯アメリカ原産
  科名の漢字、風蝶草の名のとおり、花は蝶が風に舞っているよう。
  花後にできる刮ハは細長く、よく目立つ。 
・インパチェンス    Impatiens walleriana cv.     ツリフネソウ科
(アフリカホウセンカ)
 熱帯アフリカ原産
 草丈50cmほどになり、花色はピンク、オレンジ、白、紫など。
 花後にできる果実が熟すと、はじけて種子が飛び出る。
・ハゲイトウ     Amaranthus tricolor cv.         ヒユ科
 熱帯アジア原産
 赤や黄に色づく葉を楽しむ春まき1年草。草丈は1.5mで、群植すると人目を引く。
・ヘレニウム      Helenium amarum           キク科
(マツバハルシャギク)
 草丈60cmほどになる秋まき1年草。葉は松葉のように細く、夏の間、黄色の頭花を
 次々と咲かせる。
・ヒマワリ ’ロシア’ Helianthus annuus ’Russia’      キク科
 草丈2〜3mになる春まき1年草。頭花は大きく、最もヒマワリらしいヒマワリ。
 他にも多くの品種があり、タネまきの時期をずらすことで秋まで楽しめる。
クレオメインパチェンスハゲイトウ
ヘレニウムヒマワリ ’ロシア’




生態園では
・オカトラノオ    Lysimachia clethroides      サクラソウ科
 日当たりの良い草地などに生える1年草。
 和名は、6〜7月に咲く白い総状の花序を、虎の尾に見立てた。
・アサザ        Nymphoides peltata             リンドウ科
 黄色の花が印象的な水生植物。 花は朝開き、夕方には閉じる。
・ミソハギ        Lythrum anceps       ミソハギ科
山地の湿地に生える多年草。7〜8月、紅紫色の花は印象的。
ミソハギは「禊萩」で、祭事にこの花を用いたことによる。
・ハンゲショウ    Saururus chinensis       ドクダミ
 湿地に生える多年草。夏至から11日目の半夏生のころに開花し、葉の1/2ほどが
 白くなる(化粧)ことからこの名がついた。
 ミソハギハンゲショウ




観覧温室では
・サンゴシトウ   Erythrina × bidwillii         マメ科
 交雑種          観覧温室中庭
 初夏に一斉に咲くが、花後切り戻すことにより秋まで2〜3回花を楽しめる。
・プロテア キナロイデス  Protea cynaroides      ヤマモガシ科
 南アフリカ原産      観覧温室中庭
  1976年、南アフリカ共和国の国花となった。
サンゴシトウプロテア キナロイデス




                       
展 示 会 の 御 案 内

季節の植物観察会7.1「竹・笹」
第2回富貴蘭展7.6〜8
             展示室
第4回サトイモ科植物展7.13〜29
             観覧温室
盆栽なんでも相談会7.15
             展示室
盆栽を持ち込んでの相談も可
第42回朝顔展7.27〜31
      くすのき並木特設展示場
  この期間の開園は6:30
第2回植物園俳句展7.27〜31
              研修室
季節の植物観察会7.28「アサガオ」
第10回食虫植物展8.10〜26
             観覧温室
第3回夏咲きエビネ展8.17〜19
              研修室
季節の植物観察会8.18「食虫植物」
植物学習相談会9.29〜30
              研修室
植物作品展9.16〜24
              展示室
第3回トロピカルプランツ展9.21〜10.7
             観覧温室 
季節の植物観察会9.22「秋の植物生態園」
名月観賞の夕べ10.1
             中央芝生
第21回秋の山野草としだ展10.4〜8
              展示室 
植物園教室10.7「秋の山野草」について
第11回きのこ展10.12〜14
              展示室
季節の植物観察会10.13「キノコ」
植物園教室10.14 「キノコ」について
第34回バラ展10.19〜21
              展示室
第35回菊花展10.20〜11.15
        大芝生地特設展示場
植物園教室10.21「バラ」について
第4回秋の京都盆栽展10.26〜29
              展示室
植物園教室10.28「盆栽」について
第16回菊花切花展11.3〜5
              展示室
第10回寒蘭展11.16〜18
              展示室
植物園教室11.18「カンラン」について
第10回フラワーデザイン展11.23〜25
              展示室
季節の植物観察会11.24「紅葉」
第10回ポインセチア展12.7〜23
             観覧温室
季節の植物観察会12.15「温室植物」 
 変更される場合があります。詳しくは、電話075-701-0141 までお問い合わせください。

見頃の花情報インデックスへ

ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.