ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物


京都府立植物園見頃の花情報 
  2003.2.8現在

第11回洋らん展 好評開催中!

今回の洋ラン展は会場を植物園会館の展示場に移しました。ベリーズやマダガスカルなどの野生のランから
華やかな園芸品種のランまで多彩なランのさまざまを見ていただくことが出来ます。
すばらしい芳香もお楽しみください。

会場:植物園会館 展示室
期間:2月16日(日)まで
約250種・品種 300鉢






                    展示している主なラン

グランマトフィルム スペキオースム
Grammatophyllum speciosum
分布:東南アジア

世界で一番大きなランといわれている。
日本での開花は珍しいが、本個体は昨年5月に初開花。
タイガーオーキッドの別名がある。


パラファレノプシス ラブケンシス
Paraphalaenopsis labukensis
分布:マレーシア サバ州

世界で一番葉の長いランといわれている。
本個体は約2m。


デンドロビウム クレプディフェルム
Dendrobium crepdiferum
分布:インドネシア

花が非常に美しく、園芸的価値が高い。


ブルボフィルム ベッカリー
Bulbophyllum beccarii
分布:ボルネオ

イタリアの植物学者オドラド・ベッカリーが発見。
木の幹にらせん状に着生する。

アングレクム セスクイペダレ
Angraecum sesquipedale
分布:マダガスカル

花弁(はなびら)の一つに長さ30cmもの管状の距を持つ。
「ダーウィンのラン」と呼ばれ、彼はこの花の花粉を運べるのは長い口の先で蜜を吸うことの出来る未知のスズメガと予言し、後年、そのとおりのガが発見された。

ブルボフィルム ファラエノプシス
Bulbophyllum pharaenopsis
分布:ニューギニア

標高600m以上の多雨林地帯の崖地や岩場に分布する。
花は腐臭。




園内では




ヒメキンギョソウ ’スカーレットウィズイエローアイグッピー’
Linaria 'Scarlet With Yelloweye Guuppy'
ゴマノハグサ科

場所:北山門 ワイルドガーデン



セツブンソウ(節分草)
Eranthis pinnatifida
キンポウゲ科
場所:植物生態園

クリスマスローズ
Helleborus niger
キンポウゲ科
分布:ヨーロッパ中部〜西アジア
場所:宿根草・有用植物園

展示会などの御案内
第11回洋ラン展  2.7〜16 展示室
第11回春蘭展 3.7〜9 展示室
植物園教室 3.9 「シュンラン」について
第16回早春の山野草展 3.15〜23 展示室
第12回球根ベゴニア展 3.15〜4.6 観覧温室
第43回つばき展 3.28〜30 展示室・研修室
季節の植物観察会 3.29 「園内つばき探訪」
第24回京都盆栽展 4.4〜7 展示室
植物園教室 4.6 「盆栽」について
季節の植物観察会 4.12 「園内のサトザクラ探訪」
第11回しゃくなげ展 4.18〜20 展示室
第12回フクシア展 4.18〜5.11 観覧温室
植物園教室 4.20 「しゃくなげ」について
第42回山草野草展 4.27〜5.5 くすのき並木特設会場
第24回エビネ展 4.29〜5.3 展示場
植物園教室 5.3 「エビネ」について

・季節の植物観察会の定員は先着50名。    
・植物園教室の定員は先着60名。
・いずれも受付は13:00からです。時間は13:30からはじまり15:00頃に終了予定です。

日程などについてはやむを得ず変更の場合がありますので、植物園までお問い合わせください。  

                     電話 075−701ー0141


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.