ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物


京都府立植物園見頃の花情報 
2003.10.14現在



秋のバラ園の見頃は10月中旬以降です。
植物園会館2階の園芸サロンからは
ご覧のように比叡山をバックにした景色がご覧頂けます。


北山門ワイルドガーデン、植物園会館前花壇、沈床花壇ではコスモス(Cosmos bipinnatus cvs.)が見頃です。
正門前から望む正面花壇ではハゲイトウ(Amaranthus tricolor cvs.)が見頃です。
大芝生地入り口花壇ではクッションマム(Chrysanthemum X morifolium cvs.)が見頃です。


宿根草・有用植物園では
秋咲きサルビアのいろいろ
サルビア・レウカンタ
Salvia leucantha
サルビア・エレガンス
Salvia elegans
サルビア・マドレンシス
'イエローマジェスティー'
Salvia madrensis 'Yellow majesty'
サルビアの仲間 (シソ科)には初夏から秋にかけてずっと咲き続ける種と秋にしか咲かない種がありますが、
その理由をご存じですか?
サルビアといえば、いわゆる赤いサルビアで有名なヒゴロモソウ(Salvia splendes)や
チェリーセージの名で販売されているサルビア・ミクロフィラ(Salvia microphylla)などがよく知られるところですが、
これらの種では花芽分化や開花を制御する主要因が温度なので、
初夏から秋にかけての気温が花芽の発育に適している間はずっと咲き続けることができるのです。
これに対し、秋咲きの性質を持つサルビアは、花芽の発育が朝から夕方までの日の長さに制御されるため、
日の長さが短くなった秋にしか開花することができないのです。
このような性質を持つ植物を短日植物といい、日の長さを芽の先端部分の葉で感じています。
ステルンベルギア・ルテア(Sternbergia lutea)
ステルンベルギア・ルテアはヨーロッパとアジアの地中海沿岸に自生する球根類で、
その花の姿は一見するとアヤメ科のクロッカスのようにも見えますが、れっきとしたヒガンバナ科の植物です。
花芽分化の適温が25〜30℃(森ら、1991)と比較的高温であることから、
関西の自然環境下では4月下旬頃に花芽が分化し始めます。
花芽が完成した後の花茎伸長は20〜25℃で促されることから、
夏の暑さが過ぎて涼しくなってきた10月に開花します。



温室では
ナリヤラン
Arundina bambusifolia
ラン科
ディコリサンドラ ティルシフロラ
Dichorisandra thyrsiflora
ツユクサ科
カンテンイタビ
Ficus awkeotsang
クワ科
アラマンダ エノテラエフォリア
Allamanda oenotheraefolia
キョウチクトウ科


生態園では
シュウメイギク
Anemone hupehensis var. japonica
キンポウゲ科
ハギ
Lespedeza spp.
マメ科
ユウガギク
Kalimeris pinnatifida
キク科
テンニンソウ
Leucosceptrum stellipilum
var. tosaense
シソ科
ミズトラノオ
Dysophylla yatabeana
シソ科
ホトトギス
Tricyrtis hirta
ユリ科



今回のお・ま・け
第13回きのこ展、盛況のうちに閉幕
きのこの胞子を顕微鏡で観察 さまざまなきのこを展示
(天然ものの舞茸もありました)
ブータンのきのこ特集 美しく仕上がったきのこの標本
きのこに触れるコーナーは子供たちに大人気!
去る10月11日、12日の2日間、恒例のきのこ展が
関西菌類談話会、(財)京都園芸倶楽部との共催によって今年も開催されました。
2日間で3370人もの方々にご来場いただきましたことを心より御礼申し上げます。




展示会などの御案内
名  称 期間 場  所
第36回バラ展 10.17〜19 展示室
植物園教室 10.19 「バラ」について
第37回菊花展 10.20〜11.15 大芝生地特設展示場
第6回秋の京都盆栽展 10.24〜27 展示室
植物園教室 10.26 「盆栽・松柏類の手入れ」について
第19回菊花切花展 11.3〜5 展示室
第12回フラワーデザイン展 11.7〜9 展示室
植物園教室 11.8 「フラワーデザイン」の講習会
事前予約制
詳細は、10月号の府民だよりに掲載
第12回寒蘭展 11.14〜16 展示室
植物園教室 11.16 「カンラン」について
第4回植物園散策俳句展 11.21〜24 展示室
季節の植物観察会 11.22 「紅葉・黄葉、いろとりどり」
第12回ポインセチア展 12.5〜23 観覧温室
季節の植物観察会 12.13 「温室植物」

1 季節の植物観察会と植物園教室について
  ・定員は       ・季節の植物観察会は先着50名。
               ・植物園教室     は先着60名。
  ・受付は        13:00から。             
  ・開催時間は     13:30〜15:00の予定。     

2 日程やその他についてやむを得ず変更する場合がありますので、念のため、お問い合わせください。
              京都府立植物園  電話 075−701−0141



ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.