ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

キーワード検索

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物


京都府立植物園見頃の植物情報 
2004年12月10日現在

おかげさまで京都府立植物園は開園80周年を迎えました

植物園で、心ぽかぽか!
ポインセチア展風景
京都府立植物園観覧温室では、
特別展示室及びジャングルゾーンにおいて
ポインセチア展を12月23日まで開催中です

ポインセチア品種のご紹介
(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
プレミアムレッドの写真
ライムライトの写真
プレミアムレッド ライムライト
プレミアムピンクの写真
アヴァンギャルドの写真
プレミアムピンク アヴァンギャルド
スポットライトアプリコットの写真
スポットライトダークレッドの写真
スポットライトアプリコット スポットライトダークレッド
ツイスターレッドの写真
ピータ−スターレッドの写真
ツイスターレッド ピータースターレッド
モネの写真
プレミアムホワイトの写真
モネ プレミアムホワイト
マーブルスターの写真
ミレニアムの写真
マーブルスター ミレニアム
プレミアムマーブルの写真
ジョーカーの写真
プレミアムマーブル ジョーカー
エッケスポイントC−1レッドの写真
エッケスポイントプロフェッサーローリーピンクの写真
エッケスポイントC-1レッド エッケスポイントプロフェッサーローリーピンク
ジングルベルズの写真
レモンドロップスの写真
ジングルベルズ レモンドロップス


その他観覧温室では
(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ジャスティシアオーレアの写真
ダルシャシンピアレーツリアナの写真
ジャスティシア・オーレア
Justicia aurea
キツネノマゴ科
(ジャングルゾーン)
ダルシャンピア・レーツリアナ
Dalechampia roezliana
トウダイグサ科
(ジャングルゾーン)
オオベニゴウカン白花の写真
ヘリコニアマリアエの写真
オオベニゴウカン白花
Calliandra haematocephala white flower
マメ科
(ジャングルゾーン)
ヘリコニア・マリアエ
Heliconia mariae
バショウ科
(ジャングルゾーン)
クロロフィツムマンニーの写真
カユプテの写真
クロロフィツム・マンニー
Chlorophytum mannii
ユリ科
(ジャングルゾーン)
カユプテ
Melaleuca leucadendra
フトモモ科
(熱帯有用作物室)
アメダマノキの写真
グアバの写真
アメダマノキ
Phyllanthus acidus
トウダイグサ科
(熱帯有用作物室)
グアバ
Psidium guajava
フトモモ科
(熱帯有用作物室)




宿根草・有用植物園では
(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
今回ご紹介する植物は、
太陽の昇っている長さが短くなってからでないと
花芽が分化しない(花を咲かせない)種類ばかりです。
こういう性質を持つ植物を短日植物と呼びます。

特に、サルビア・ゲスネリフロラやヤーコンなどは
短日性が強く、
12月に入ってからでないと開花しないため、
例年なら、花が咲く前に寒波が到来して、
地上部が枯れてしまいます。

今年は、12月になっても
比較的暖かい日が続いていることから、
運良く、それらの花を楽しむことができます。
本格的な冬将軍が到来するまで、
もう少し楽しむことができそうです。
さあ、今がラストチャンスです!!
サルビアゲスネリフロラの写真
レオノティスレオヌルスの写真
サルビア・ゲスネリフロラ
Salvia gesneriiflora
シソ科
レオノティス・レオヌルス
Leonotis leonurus
シソ科
コダチダリアの写真
ヤーコンの写真
コダチダリア
Dahlia imperialis
キク科
ヤーコン
Polymnia sonchifolia
キク科
サルビアレウカンタの写真
サルビア・レウカンタ
Salvia leucantha
シソ科





植物生態園等では
(小さい写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
紅葉とスイセン開花の写真 オトコヨウゾメの紅葉の写真
池に浮かぶモミジの葉の写真
植物生態園の風景

写真(左):紅葉とスイセン開花
写真(右上):オトコヨウゾメの紅葉
写真(右下)池に浮かぶモミジの葉
ニシキギの写真
センダン(果実)の写真
ニシキギ
Euonymus alatus
ニシキギ科
(はなしょうぶ園東側)
※コマユミとは枝の翼の有無で区別する。
センダン(果実)
Melia azedarach
var.subtripinnata
センダン科
(大芝生地南側)
マルバノキの写真
イチゴノキの写真
マルバノキ
Disanthus cercidifolius
マンサク科
(あじさい園他)
イチゴノキ
Arbutus unedo
ツツジ科
(北山門の噴水南側)
※花と果実が同時に見られる。
ツバキ’桃色臘月’の写真
ツバキ’紅唐子’の写真
ツバキ
’桃色臘月’
Camellia japonica
'Momoirorougetsu'.
ツバキ科
(つばき園)
ツバキ
’紅唐子’
Camellia japonica
'Benikarako'.
ツバキ科
(つばき園)
ツバキ’雪中花’の写真
ツバキ’梅ケ香’の写真
ツバキ
’雪中花’
Camellia japonica
'Secchuuka'.
ツバキ科
(つばき園)
ツバキ
’梅ケ香’
Camellia japonica
'Umegaka'.
ツバキ科
(つばき園)



コモ巻きが完了したソテツの写真
師走の風物詩「ソテツのコモ巻き」が完了しました。(12月1日)
亜熱帯地域に自生するソテツ(Cycas revoluta ソテツ科)は寒さに弱いため、
底冷えする京都では、コモ(わらで織った筵)を巻いて樹体を保護する必要があります。
そこで、当園のコモ巻きの手順をご紹介します。
ソテツの葉の剪定の写真 ソテツの葉を束ねた写真
1.葉を上から2,3列残し、剪定します。 2.残した葉を縄で束ねます。
ソテツの幹にコモを巻いた写真 最後にコモのキャップをした写真
3.コモを幹に巻き付け、縄で縛ります。
約10cm間隔でコモを重ねていきます。
4.最後にキャップのようにコモを巻き、
はずれないように、縄で固定します。

シリーズ「お宝発見コーナー」は、今回休みます。


12月2日こちらも恒例、
チューリップ球根の植え付けが終了しました

チューリップ球根植え作業写真

チューリップ球根植え作業手元写真

正面花壇、ワイルドガーデンではハボタンが見ごろです
正面花壇のハボタン写真

ハボタン品種のご紹介
(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
白くじゃく写真
紅くじゃく写真
白くじゃく 紅くじゃく
紅たか2号写真
白たか2号写真
紅たか2号 白たか2号
瀬戸の舞姫写真
瀬戸の日の出写真
瀬戸の舞姫 瀬戸の日の出

正門、北山門前の飾りつけ
クリスマスの飾りつけ写真

その他北山門付近花壇では
(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ストックキスミーチェリー写真
ストックキスミーブルー写真
ストック ’キスミーチェリー’ ストック ’キスミーブルー’
ストックキスミーホワイト写真
ストックキスミーサーモン
ストック ’キスミーホワイト’ ストック ’キスミーサーモン’







80年の歩み展風景
当園では開園80周年を記念して、「植物園80年の歩み展」
10月に開催したところ、8000人を超す方々にご覧いただきました。
残念ながら展示会を見逃した方は、是非このシリーズをご覧ください。
今回は、3回シリーズの第3回目、最終回です。

シリーズ「植物園80年の歩み展」へは
ここをクリック



開園80周年記念
スタンプラリー

12月はハリモミです
スタンプラリー12月ハリモミ画像



展示会などのご案内  2004年

展示会・行事名 期間  概要  場所
第13回ポインセチア展 12月3日(金)〜23日(木・祝) ポインセチア約40品種、1000鉢を展示 観覧温室・特別展示室
季節の植物観察会 12月11日(土)   温室植物について(定員50名) 受付:植物園会館前
松竹梅の寄植え講習会 12月12日(日) 迎春用寄植えの講習会 (申し込み多数のため、受付終了しました 植物園会館・研修室
 

1,季節の植物観察会と植物園教室について
・季節の植物観察会の定員は先着50名。
・植物園教室の定員は先着60名。
・受付は午後1時から。
・開催時間は午後1時30分〜午後3時の予定。
・植物園教室には事前に予約を要するものや有料のものもありますので、ご確認ください。
2,日程やその他についてやむを得ず変更する場合がありますので、念のため、お問い合わせください。
  
京都府立植物園  電話 075−701−0141

おこしやす京都トップへ戻る     見頃の植物情報へ戻る     日本植物園協会ホームページへ

京都府立陶板名画の庭ホームページへ

 

 


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.