本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


サイト内の現在位置です: 京都府トップ京都の魅力・観光府立植物園見頃の植物

京都府立植物園 見頃の植物情報

2005年3月18日現在


春、ふくらむ。

バラの芽チューリップの芽ギガンチウムの芽
シャクナゲの蕾シャクヤクの芽クロマツの芽
アジサイの芽ミツマタの蕾ヤブツバキの蕾
スイレンの芽ヘメロカリスの芽モモの蕾
ソメイヨシノの蕾ボケの蕾イチョウの芽

今年はいつまでも寒い日が続きますね。
それでも、着実に春の足音が近づいています。
普段、何気なく通り過ぎている植物たちに目を凝らすと、
蕾が膨らんでいたり、土の表面に芽が吹いていたり。
どんなに寒い冬でも、終わらない冬はありません。
ほら、植物園では春がかけ足です。




園内の花壇では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
チェイランサスの写真 リナリアマロッカナの写真
チェイランサス
Cheiranthus cvs.
アブラナ科
(洋風庭園)
リナリア・マロッカナ
Linaria maroccana cvs.
ゴマノハグサ科
(洋風庭園)
スイートアリッサムの写真 アネモネコロナリアの写真
スイートアリッサム
Lobularia maritima cv.
アブラナ科
(洋風庭園)
アネモネ・コロナリア
Anemone coronaria cvs.
キンポウゲ科
(沈床花壇)
デージーの写真 クロッカスの写真
デージー(ヒナギク)
Bellis perennis cvs.
キク科
(沈床花壇)
クロッカス
’ギール’
Crocus
'Geel'
アヤメ科
(ワイルドガーデン)
アブラナの写真 イオノプシディウムアカウレの写真
アブラナ
Brassica rapa
var.amplexicaulis
アブラナ科
(ワイルドガーデン)
イオノプシディウム・アカウレ
Ionopsidium acaule
アブラナ科
(ワイルドガーデン)



宿根草・有用植物園では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
イリスレティキュラタの写真 ヘレボルスオリエンタリスの写真
イリス・レティキュラタ
Iris reticulata
アヤメ科
ヘレボルス・オリエンタリス
Helleborus orientalis cvs.
キンポウゲ科
ヘレボルスムルティフィダスの写真 ラケナリアアロイデス変種アウレアの写真
ヘレボルス・ムルチフィダス
Helleborus multifidus
キンポウゲ科
ラケナリア・アロイデス
変種アウレア
Lachenalia aloides
var.aurea
ユリ科
ラケナリアアルゴエンシスの写真 ラケナリアアロイデス変種ルテオラの写真
ラケナリア・アルゴエンシス
Lachenalia algoensis
ユリ科
ラケナリア・アロイデス
変種ルテオラ
Lachenalia aloides
var.luteola
ユリ科
アンドロシンビウムキリオラツムの写真 ヴェルセミアブラクテアタの写真
アンドロシンビウム・キリオラツム
Androcymbium ciliolatum
ユリ科
ヴェルセミア・ブラクテアタ
’レモンフレーム’
Velthemia bracteata
'Lemon Flame'
ユリ科
グラジオラストリスティスの写真 メラスフェルララモサの写真
グラジオラス・トリスティス
Gladiolus tristis
アヤメ科
メラスフェルラ・ラモサ
Melasphaerula ramosa
アヤメ科
ベニバナミツマタの写真 カンザキアヤメの写真
ベニバナミツマタ
Edgeworthia chrysantha
'Rubra'
ジンチョウゲ科
カンザキアヤメ
Iris unguicularis
アヤメ科
シクラミニウススイセンの写真
シクラミニウス・スイセン
’テータテート’
Narcissus
'Tete-a-Tete'
ヒガンバナ科



植物生態園等では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
キンキマメザクラの写真 ゲンカイツツジ(白花)の写真
キンキマメザクラ
Prunus incisa ssp. kinkiensis
バラ科
(植物生態園)
ゲンカイツツジ(白花)
Rhododendron mucronulatum
var. ciliatum
ツツジ科
(植物生態園)
オオミスミソウの写真 サンシュウの写真
オオミスミソウ
Hepatica nobilis f. magna
キンポウゲ科
(植物生態園)
サンシュユ
Cornus officinalis
ミズキ科
(中央休憩所北側ほか)
アンズの写真 セイヨウハシバミの写真
アンズ
Prunus armeniaca
バラ科
(盆栽展示場東側)
セイヨウハシバミ
Corylus avellana
カバノキ科
(しゃくやく園西側)
ツバキ’腰蓑錦’の写真 ツバキ’鹿児島’の写真
ツバキ 
’腰蓑錦’
Camellia japonica
'Koshiminonishiki'
(つばき園)
ツバキ 
’鹿児島’
Camellia japonica
'Kagoshima'
(つばき園)


ウメ’思いのまま’の写真
春の主要花木の開花状況(3月18日現在)
サクラ・・・「ソメイヨシノ」の咲き始めは3月末頃からの予想
ウ メ・・・満開(写真は「思いのまま」)
アンズ・・・早咲き種は開花、見ごろは3月下旬頃の予想
モ モ・・・見ごろは3月下旬頃の予想
ツバキ・・・全体として5割程度開花



観覧温室では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ツンベルギアマイソレンシスの写真 リュエリアコロラタの写真

ツンベルギア・マイソレンシス
Thunbergia mysorensis
キツネノマゴ科
(ジャングルゾ−ン)

リュエリア・コロラタ
Ruellia colorata
キツネノマゴ科
(ジャングルゾ−ン)

ヒョウタンノキの写真 コンロンカの写真

ヒョウタンノキ
Crescentia cujete
ノウゼンカズラ科
(ジャングルゾ−ン)

コンロンカ
Mussaenda parviflora
アカネ科
(ジャングルゾーン)

ソランドラロンギフロラの写真 ニオイバンマツリの写真

ソランドラ・ロンギフロラ
Solandra longiflora
ナス科
(ジャングルゾーン)

ニオイバンマツリ
Brunfelsia australis
ナス科
(ジャングルゾーン)

バーチェリアブバリナの写真 ホフマニアレフルゲンスの写真

バーチェリア・ブバリナ
Burchellia bubalina
アカネ科
(ジャングルゾ−ン)

ホフマニア・レフルゲンス
Hoffmania refulgens
アカネ科
(ジャングルゾーン)

ボーモンティアムルティフロラの写真 ムクナニグリカンスの写真

ボーモンティア・ムルティフロラ
Beaumontia multiflora
キョウチクトウ科
(ジャングルゾーン)

ムクナ・ニグリカンス
Mucuna nigricans
マメ科
(ジャングルゾ−ン)

コプシアフルティコサの写真 アンスリウムヴィーチーの写真

コプシア・フルティコサ
Kopsia fruticosa
キョウチクトウ科
(ジャングルゾ−ン)

アンスリウム・ヴィーチー
Anthurium veitchii
サトイモ科
(ジャングルゾーン)

ツンベルギアエレクタの写真 アルディシアピラミダリスの写真

ツンベルギア・エレクタ
Thunbergia erecta
キツネノマゴ科
(ジャングルゾ−ン)

アルディシア・ピラミダリス
Ardisia pyramidalis
ヤブコウジ科
(ジャングルゾーン)

サラカタイピンゲンシスの写真 トリプラリスクミンギアナ雌株の写真

サラカ・タイピンゲンシス
Saraca thaipingensis
マメ科
(ジャングルゾーン)

トリプラリス・クミンギアナ(雌株)
Triplaris cumingiana
タデ科
(ジャングルゾーン)

バナナの写真 キンキジュの写真

バナナ
Musa acuminata cv.
バショウ科
(熱帯有用作物室)

キンキジュ
Pithecellobium dulche
マメ科
(熱帯有用作物室)

アスコケントルムクリステンソニアヌムの写真 カランセウェスティタの写真

アスコケントルム・クリステンソニアヌム
Ascocentrum christensonianum
ラン科
(冷房室)

カランセ・ウェスティタ
Calanthe vestita
ラン科
(冷房室)

デンドロビウムミヤケイの写真 パイナップルアルボマルギナタの写真

デンドロビウム・ミヤケイ
Dendrobium miyakei
ラン科
(冷房室)

パイナップル ’アルボマルギナタ’
Ananas comosus var. albo-marginata
パイナップル科
(アナナス室)

プセウデランテムムアクミナッティッシムムの写真

プセウデランテムム・アクミナティッシムム
Pseuderanthemum acuminatissimum
キツネノマゴ科
(ジャングルゾーン)

バウヒニア・ヴァリエガタ
Bauhinia variegata
マメ科
(ジャングルゾーン)

ブロウネアカピテラの写真 ブロウネアアリザの写真

ブロウネア・カピテラ
Brownea capitella
マメ科
(ジャングルゾーン)

ブロウネア・アリザ
Brownea ariza
マメ科
(ジャングルゾーン)

ブロウネアグランディケプスの写真 デンドロビウムティルシフロルムの写真

ブロウネア・グランディケプス
Brownea grandiceps
マメ科
(ジャングルゾーン)

デンロビウム・ティルシフロルム
Dendrobium thyrsiflorum
ラン科
(冷房室)

バオバブの写真 フリーセアオスピナエの写真

バオバブ
Adansonia digitata
パンヤ科
(砂漠・サバンナ室)

フリーセア・オスピナエ
Vriesea ospinae
パイナップル科
(アナナス室)

ハランアナナスの写真 ナリヤランの写真

ハランアナナス
Pitcairnia corallina
パイナップル科
(アナナス室)

ナリヤラン
Arundina bambusifolia
ラン科
(ラン室)




開園80周年記念
スタンプラリー
3月はツバキです

3月のスタンプ見本




知って得する、お知らせですよー!


1) 春の開園時間を延長します

3月26日(土曜)から4月28日(木曜)までは
午後6時までの開園(入園は午後5時30分まで)、
4月29日(金曜・祝日)から5月31日(火曜)までは
午後6時30分までの開園(入園は午後6時まで)となります。
いつもと同じ入園料で
春爛漫をたっぷりとお楽しみいただけます。
これは、お得ですよー!


2)いよいよ明日、W講演会開催
「春の植え替え」(講師:京都山草会会長永井千尋氏)、
「京都府立植物園の桜−40種類」(講師:当園技術課長松谷茂)
と題した二つの講演会が同時開催されます。
いずれも、定員60名。
一足早く、春の園芸づくしを満喫したい方には
たまらない内容ですね。
桜についての講演会場は京都府立大学になります。
会場が分かれて申し訳ありませんが
よろしくお願いします。
(詳しくは下記の案内をご覧ください)。



展示会などのご案内 2005年

展示会・行事名

期  間

 概  要

 場  所

第18回早春の山野草展

3月16日(水曜)〜21日(月曜)

早春に咲く山野草約250点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

早春の山野草展公開講座

3月19日(土曜)

「春の植え替え」

受付:植物園会館研修室
時間:午後1時30分〜3時
先着60名

スライド講演会(1)

3月19日(土曜)

京都府立植物園の桜−40種類

会場は京都府立大学合同講義棟3階第5講義室
午後1時に会場又は植物園会館前で受付
講演時間は午後1時40分〜3時頃まで
先着60名

ミニミニガイド(6)

3月21日(月曜)

30分〜45分で園内各所をご案内

受付:午後1時に植物園会館前
先着20名

第14回球根ベゴニア展

3月25日(金曜)〜4月10日(日曜)

球根ベゴニア約250鉢を展示

観覧温室・特別展示室

第45回つばき展

3月26日(土曜)〜27日(日曜) 

ツバキの切り花による品種紹介や京都社寺の銘椿ほか、関連資料など250点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

季節の植物観察会

3月26日(土曜)

「園内つばき探訪」(定員50名)

受付:植物園会館前

ミニミニガイド(7)

3月28日(月曜)

30分〜45分で園内各所をご案内

受付:午後1時に植物園会館前
先着20名

第26回京都盆栽展

4月8日(金曜)〜11日(月曜)

盆栽約45席、150点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

植物園教室

4月10日(日曜)

盆栽についての講習会(定員60名)

植物園会館・研修室

第13回しゃくなげ展

4月15日(金曜)〜17日(日曜)

シャクナゲ類、約100点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

季節の植物観察会

4月16日(土曜)

「サクラ」(定員50名)

受付:植物園会館前

植物園教室

4月17日(日曜)

「シャクナゲ」についての講習会(定員60名)

植物園会館・研修室

第14回フクシア展

4月22日(金曜)〜5月8日(日曜)

フクシア、約150点を展示

観覧温室・特別展示場

第44回山草野草展

4月29日(金曜・祝日)〜5月5日(木曜・祝日)

山草野草類、約500点を展示(即売あり)

くすのき並木特設展示場

第26回エビネ展

4月29日(金曜・祝日)〜5月3日(火曜・祝日)

エビネ類、約200点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

植物園教室

5月1日(日曜)

「やさしいエビネの作り方」(定員60名)

植物園会館・研修室

第10回イワチドリと小町蘭展

5月4日(水曜・祝日)〜5月5日(木曜・祝日)

イワチドリ約150点、小町蘭(ネジバナの変異種)約100点を展示(即売あり)

植物園会館・展示室

 

1,季節の植物観察会と植物園教室について
・季節の植物観察会の定員は先着50名。
・植物園教室の定員は先着60名。
・受付は午後1時から。
・開催時間は午後1時30分〜午後3時の予定。
・植物園教室には事前に予約を要するものや有料のものもありますので、ご確認ください。
2,日程やその他についてやむを得ず変更する場合がありますので、念のため、お問い合わせください。

京都府立植物園  電話 075−701−0141

おこしやす京都トップへ戻る     見頃の植物情報へ戻る     日本植物園協会ホームページへ

京都府立陶板名画の庭ホームページへ




ページの先頭に戻る