本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


京都府立植物園 見頃の植物情報

2005年7月8日現在

雨の季節から
太陽の季節へ
ひまわりの写真 はすの写真
そらいろあさがおの写真 すいれんの写真
左上写真:ヒマワリ(しゃくやく園南側一角)、左下写真:ソライロアサガオ(北山ワイルドガーデン)
右上右下写真:熱帯スイレン(宿根草・有用植物園内の池)

虫取りに明け暮れ
泥んこになってカエルを追いかけた
少年時代
・・・・・・・・
夏の植物園では
ふるさとでの遠い日々の思い出が
きっと蘇ることでしょう。

ちんしょうかだんの写真
沈床花壇(西側入り口からの光景)
沈床花壇とは西洋庭園の形式の一つで
長方形に掘り下げた底面と周囲を花壇などで修飾したものです。
現在、夏の草花が多数植栽・展示されています。


観覧温室では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ツンベルギアマイソレンシス写真 フウリンブッソウゲ写真
ツンベルギア・マイソレンシス
Thunbergia mysorensis
キツネノマゴ科
(ジャングルゾ−ン)
フウリンブッソウゲ
Hibiscus schizopetalus
アオイ科
(ジャングルゾーン)
ヘリコニアロストララタ写真 ヒメノカリスカリバエア写真
ヘリコニア・ロストラタ
Heliconia rostrata
バショウ科
(ジャングルゾ−ン)
ヒメノカリス・カリバエア
Hymenocaliis caribaea
ヒガンバナ科
(ジャングルゾ−ン)
ヒビスクスアーノティアヌスペナルウエンシス写真 パラミツ写真
ヒビスクス・アーノティアヌス 
プナルウエンシス
Hibiscus arnottianus var. punaluuensis
アオイ科
(ジャングルゾ−ン)
パラミツ(果実)
Artocarpus heterophyllus
クワ科
※果実は地上約2mの位置にあります。
(熱帯有用作物室)
キリタアスペリフォリア写真 アデニウムオベスム写真
キリタ・アスペリフォリア
Chirita asperifolia
イワタバコ科
(冷房室)
アデニウム・オベスム
Adenium obesum
キョウチクトウ科
(砂漠・サバンナ室)

植物生態園等では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
キキョウの写真 ヤマユリの写真
キキョウ
Platycodon grandiflorus
キキョウ科
(植物生態園)
ヤマユリ
Lilium auratum
ユリ科
(植物生態園)
オミナエシの写真 アキノタムラソウの写真
オミナエシ
Patrinia scabiosaefolia
オミナエシ科
(植物生態園)
アキノタムラソウ
Salvia japonica
シソ科
(植物生態園)
ニワウメの写真 アジサイ品種桂夢衣の写真
ニワウメ(果実)
Prunus japonica
バラ科
(盆栽・鉢物展示場向かい)
’桂夢衣(カムイ)’
(あじさい園芸品種)
'Kamui'
Hydrangea × Dichroa
ユキノシタ科
(あじさい園)
※京都府立桂高校「草花クラブ」作出の
新しい品種。めずらしい属間雑種。

園内花壇では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ソライロアサガオの写真 トレニアの写真
ソライロアサガオ
Ipomoea tricolor 'Hevenly Blue'
ヒルガオ科
(北山ワイルドガーデン)
トレニア
Torenia fournieri cv.
ゴマンハグサ科
(沈床花壇)
サルビアファリナセアの写真 ウモウケイトウの写真
サルビア ファリナセア
Salvia farinacea cv.
シソ科
(洋風庭園)
ウモウケイトウ
Celosia cristata var.plumosa cv.
ヒユ科
(沈床花壇)
クレオメの写真 コリウスの写真
クレオメ ’スパークラー ブラッシュ’
Cleome 'Sparkler Blush'
フウチョウソウ科
※2002年オールアメリカセレクションズ
金賞受賞品種

(北山ワイルドガーデン)
コリウス
Coleus cv.
シソ科
(沈床花壇)

宿根草・有用植物園では

(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
ムラサキゴテンの写真 ノウゼンカズラの写真
ムラサキゴテン
Setcreasea pallida
ツユクサ科
ノウゼンカズラ
Campsis grandiflora
ノウゼンカズラ科
マツカサギクの写真 ヒメヒマワリの写真
マツカサギク
Liatris scariosa
キク科
ヒメヒマワリ
Helianthus debilis
キク科
フェンネルの写真 サンジャクバーベナの写真
フェンネル
Foeniculum vulgare
セリ科
サンジャクバーベナ
Verbena bonariennsis
クマツヅラ科

★宿根草園では、ハス(Nelumbo nucifera cvs.)が見頃を迎えています。
早朝に花開き、昼までに閉じる品種が多いので
開園(AM9:00)直後の御観覧をおすすめします。

一部品種を写真で紹介します。(写真はクリックすると拡大してごらんいただけます)
めいこうばすの写真 おうれんの写真
明光蓮(めいこうれん) 桜蓮(おうれん)
せいこれんの写真 ちゅうごくゆうぎれんの写真
清湖蓮(せいこれん) 中国友誼蓮(ちゅうごくゆうぎれん)
きんずいばすの写真 ふくおかやえばすの写真
金蘂蓮(きんずいれん) 福岡八重蓮(ふくおかやえばす)



植物園スタンプラリー
7月はカワラナデシコです


●●●お知らせ●●●



1)園内植物採集会(第2回:7月23日(土曜))を開催します。
申し込みは往復ハガキに参加者の住所、氏名、年齢、学校名、学年と
返信ハガキに返信先の住所を明記の上、7月15日(金曜)までにお申し込み下さい。
定員は50名です(申し込み多数の場合は抽選)。

2)開園時間の延長について
7月23日(土曜)から8月31日(水曜)までは
午後6時30分までの開園(入園は午後6時まで)となります。
ただし、観覧温室は通常どおり午後4時までの開室です。
(観覧温室入室は午後3時30分まで)
涼しい夕暮れ時のご来園をお待ちしています。

3)携帯サイトも開設しています。

「今月の催し」、「今月の花」などが携帯電話向けwebサイトからもご覧になれます。
下記のアドレスまたはQRコードからアクセスできます。
http://www.pref.kyoto.jp/plant/keitai/index.cgi
QRコード


展示会などのご案内 2005年

展示会・行事名 会期 概要 場所
第6回富貴蘭展 7月8日(金曜)〜 10日(日曜) 富貴蘭約120点を展示(即売あり) 植物園会館・展示室
第7回トロピカルプランツ展 7月8日(金曜)〜 24日(日曜) 観葉植物、花鉢物など約200点を展示 観覧温室・特別展示室
私の好きな木(2) 7月9日(土曜) こども中心の教育プログラム(当日受付可、有料)
・午前10時〜12時
植物園会館・研修室他
第6回盆栽何でも相談会 7月17日(日曜)
・盆栽の栽培管理(持ち込み可)についての相談
・午前9時〜午後3時
植物園会館・展示室
菊講習会(2) 7月17日(日曜) 菊作りの講習会(定員60名、予約済み) 植物園会館・研修室
園内植物採集会(2) 7月23日(土曜) ・園内に自然生えの植物を採集し、植物の正しい採集・保存方法を指導(要事前申し込み)
・午前10時〜12時
植物園会館・展示室、園内
お宝発見ツアー(1) 7月23日(土曜) ・園内の貴重な植物財産(主に樹木)を職員が案内(定員50名)
・午後1時30分〜3時
・受付は午後1時から
受付:植物園会館前
第46回朝顔展 7月29日(金曜)〜8月2日(火曜) ・夏の風物詩、アサガオの展示。会期中毎日、鉢の入れ替えを行う。延べ展示数約1500鉢。
・見頃は午前11時頃まで
・会期中は午前6時30分開園
クスノキ並木・特設展示場
季節の植物観察会 7月30日(土曜) ・アサガオについて(定員50名)
・午前9時30分〜
・受付は午前9時
受付:植物園会館前
第14回食虫植物展 8月12日(金曜)〜8月28日(日曜) ネペンテス、サラセニアを中心に、食虫植物約100鉢を展示 観覧温室
森林生多肉植物室
季節の植物観察会 8月13日(土曜) 食虫植物について(定員50名) 受付:植物園会館前
植物学習相談会 8月20日(土曜) 児童生徒が作成した植物に関する作品の仕上げ方等の指導及び相談 植物園会館・研修室
第7回夏咲きエビネ展 8月26日(金曜)〜28日(日曜) ツルラン、ナツエビネの他夏開花のエビネ交雑種約120展を展示(即売有り) 植物園会館・展示室
講演会(1) 8月28日(日曜) 講師:当園技術課主幹 安達文良
 「欧米での審査会に入賞した新品種の草花など」
植物園会館・研修室



 

1,季節の植物観察会と植物園教室について
・季節の植物観察会の定員は先着50名。
・植物園教室の定員は先着60名。
・受付は午後1時から。
・開催時間は午後1時30分〜午後3時の予定。
・植物園教室には事前に予約を要するものや有料のものもありますので、ご確認ください。
2,日程やその他についてやむを得ず変更する場合がありますので、念のため、お問い合わせください。

京都府立植物園  電話 075−701−0141

おこしやす京都トップへ戻る     見頃の植物情報へ戻る     日本植物園協会ホームページへ

京都府立陶板名画の庭ホームページへ




ページの先頭に戻る