ページの先頭です。

本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


京都府立植物園 見ごろの植物情報

こちらでは、現在、見頃の植物を紹介しています。

平成18年4月7日現在

園内のチューリップ’レッドエンペラー’が満開です。(正面花壇、観覧温室前花壇ほか)

ヤマザクラ (花と赤褐色の葉が同時に展開するのが本種の特徴。:観覧温室向かい側ほか)

シダレザクラ (一重につづいて八重咲きが咲き出します。:桜林)

天城吉野 (エドヒガンとオオシマザクラの交配種。花は白色:桜品種見本園)

園内では


ボケ園芸品種
Chaenomeles cv.
バラ科
(桜林)
桜林の中で、サクラに負けじと咲いています。


シダレザクラ
Prunus pendula f. pendula
バラ科
(中央芝生地北東部)
樹齢約50年。円山公園のシダレザクラの「姪」に当たります。


ツバキ ’五色八重散椿’
Camellia japonica 'Goshikiyaechiritsubaki'
ツバキ科
(つばき園)
一般にツバキは花房ごと落ちますが、この品種は花びらごとに散ります。京の名椿のひとつ。


オオカメノキ
Viburnum furcatum
スイカズラ科
(植物生態園)
白く大きい花弁は、装飾花で、雄しべと雌しべは退化しています。


ヒトリシズカ
Chloranthus japonicus
センリョウ科
(植物生態園)


バイモ
Fritillaria verticillata var. thunbergii
ユリ科
(植物生態園ほか)
漢字で「貝母」と表記するのは、鱗茎の形から。別名の「アミガサユリ」は花弁の内側に網目状の模様から由来しています。もともとは中国原産で、高山植物のクロユリとは同属。

園内花壇では


ビオラ 'ベビーイエロー'
Viola cornuta 'Baby Yellow'
スミレ科
(北山ワイルドガーデン)


チェイランサス ’ベガクリームイエロー’
Cheiranthus 'Vega Cream Yellow'
アブラナ科
(北山ワイルドガーデン)


クリサンセマム・ムルティコーレ
Chrysanthemum multicaule cv.
キク科
(北山ワイルドガーデン)


クリサンセマム・バルドサム
Chrysanthemum paludosum cv.
キク科
(北山ワイルドガーデン)


ヒアシンス・オリエンタリス
Hyacinthus orientalis cv.
ユリ科
(北山ワイルドガーデン)

宿根草・有用植物園では

宿根草有用植物園ではスイセンが見頃を迎えています。
大杯、小杯、房咲き、八重咲き、ラッパ咲き等々、様々なタイプをお楽しみ下さい。


ラッパスイセン ’イースタージョイ’
Narcissus 'Easter Joy'
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)
学名Narcissusは、ギリシャ神話の有名な話に由来します。そう思って見ると、何となく叙情的な姿に見えてきます。


スプリットコロナスイセン ’シャンテレレ’
Narcissus 'Chanterelle
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)
「スプリットコロナスイセン」とは、副花冠(花弁の内側にある冠状の部分)が裂けているタイプのスイセンです。ラッパスイセンでは副花冠が裂けていません。


ラッパスイセン ’イースタージョイ’
Narcissus 'Easter Joy'
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)
学名Narcissusは、ギリシャ神話の有名な話に由来します。そう思って見ると、何となく叙情的な姿に見えてきます。


小杯スイセン ’バレットブローニング’
Narcissus 'Bullet Browning'
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)


ヒメヒオウギ
Lapeirousia laxa
アヤメ科
(宿根草有用植物園内の小ガラスハウス)
南アフリカ原産の植物ですが、薄紅色の可憐な花姿は日本人好みでしょうか。


トリトニア・ヒアリナ
Tritonia hyalina
アヤメ科
(宿根草有用植物園内の小ガラスハウス)
はっきりとした朱色が、際立っています。

観覧温室では


テコマンテ・ベヌスタ
Tecomanthe venusta
ノウゼンカズラ科
(ジャングルゾーン)
例年は2月頃開花なのですが今年はかなり遅れての開花です。


ジェイドバイン
Strongylodon macrobotrys
マメ科
(ジャングルゾ−ン)
全部で花序が60以上あります。過去最高の開花。まさに熱帯の藤棚です。


サラセニア・レウコフィラ
Sarracenia leucophylla
サラセニア科
(ジャングルゾーン)
展示会の時期には花が終わってしまっているので、見ることが出来ませんが、通常の開花期は6月頃です。温室内なので開花は早くなっています。


ツンベルギア・ウォゲリアナ変種
Thunbergia vogeliana var.
キツネノマゴ科
(ジャングルゾーン)
地植えから鉢植えに変えて、花がよく見えるようになりました。満開です。葉が小さいので本当に花盛りに見えます。


アリストロキア・ペルビアナ
Aristolochia peruviana
ウマノスズクサ科
(冷房室)
花に見える部分は萼(がく)です。萼の内部が黄色く印象的。


デンドロビウム・パリシー’ナガタ’
Dendrobium parishii 'Nagata'
ラン科
(ラン室)
今まさに満開。桜よりきれいかも。

植物園スタンプラリー


4月はバイモです


ページの先頭に戻る