ページの先頭です。

本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


京都府立植物園 見ごろの植物情報

こちらでは、現在、見頃の植物を紹介しています。

平成18年4月21日現在

園内は、春の彩りでいっぱいです!


園内では新緑が美しくなってきました。(写真は「なからぎの森」)


桜品種見本園ではサトザクラが見頃を迎えています。
(写真は、「御衣黄」という品種で花は黄色と緑色が混じり、満開時には紅色の筋が現れる。)

園内では


クヌギ(雄花)
Quercus acutissima
ブナ科
(盆栽・鉢物展示場東側)
木全体が黄色く見えるほど、花を垂らしています。


ツバキ ’熊谷’
Camellia japonica 'Kumagai'
ツバキ科
(つばき園)
写真ではわかりにくいですが、ひときわ大輪の品種です。古名は「朝鮮椿」。


ホンシャクナゲ
Rhododendron degronianum ssp.
heptamerum var. hondoense
ツツジ科
(植物生態園)
植物生態園では、自然に近い生育環境で植物を展示するように心がけています。


サクラソウ
Primula sieboldii
サクラソウ科
(植物生態園)
人気のプリムラの野生種。


ラショウモンカズラ
Meehania urticifolia
シソ科
(植物生態園)
名前の由来は、花の形を羅生門で切り取った鬼の腕に見立てたもの。4本のさし芽からちょっとした群落になりました。


サワオグルマ
Senecio pierotii
キク科
(植物生態園)
写真では小さく見えますが、実物は結構大きいです。

園内花壇では

園内各所の花壇では、中晩生のチューリップが今まさに見頃を迎えています。新旧、様々なタイプのチューリップを植栽展示しています。ぜひご鑑賞ください!下に各種チューリップをご紹介します。
チューリップ 園芸品種 Tulipa cv. ユリ科


ムラサキズイショウ(紫水晶)
一重晩咲き
(大芝生地西側花壇)


コウキ(紅輝)
トライアンフ系
(大芝生地西側花壇)


ラッキーストライク
トライアンフ系
(大芝生地西側花壇)


シラユキヒメ(白雪姫)
ダーウィンハイブリッド系
(大芝生地西側花壇)


ピンクインプレッション
ダーウィンハイブリッド系
(大芝生地西側花壇


フロローサ
ヴィリディフロラ咲き
(大芝生地西側花壇)

その他、園内花壇では


ワスレナグサ
Myosotis sylvatica cv.
ムラサキ科
(洋風庭園)
地味ですが、人気のある花です。


アイスランドポピー
Papaver nudicaule cv.
ケシ科
(洋風庭園)
寒さのためやや遅れましたがようやくポピーが咲きそろいました。
春のうららかさを感じます。

宿根草・有用植物園では

宿根草有用植物園ではスイセンが見頃を迎えています。
大杯、小杯、房咲き、八重咲き、ラッパ咲き等々、様々なタイプをお楽しみ下さい。


ブルビネラ・フロリバンダ
Bulbinella floribunda
ユリ科
(宿根草有用植物園)
春の宿根草園円形花壇で、最初に咲く黄色い花、ブルビネラ。春本番を告げてくれます。


クレマチス・アルマンディー
’アップルブロッサム’
Clematis armandii
'Apple Blossom'
キンポウゲ科
(宿根草有用植物園)
十字形の沢山の白花が日の光を仰いでいます。クレマチス属の中では比較的早い時期に開花します。


クリスマスローズ八重咲き
Helleborus x hybrids double
キンポウゲ科
(宿根草有用植物園)
八重咲きのクリスマスローズです。
今年の冬に地植えしましたが勢いよく咲いています。


八重咲きスイセン ’デルナシュー’
Narcissus cv.
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)
八重咲きで、中心部は淡い桃色です。


口紅ズイセン ’アクタエア’
Narcissus 'Actaea'
ヒガンバナ科
(宿根草有用植物園北西)
副花冠に赤い縁取り(口紅)があります。

宿根草有用植物園内のロックガーデンでは原種チューリップが見頃を迎えました。主に中央アジアを原産地とし、小さく個性的な花姿、濃い色の独特な花弁を持ちます。普通の栽培品種のチューリップとは違う趣があり、見応えがあります。
5月上旬頃までお楽しみ頂けます。ぜひご覧下さい。


チューリップ・ブベデンスキー
Tulipa vvedenskyi
ユリ科
(宿根草有用植物園内中央ロックガーデン)


チューリップ・クルシアナ クリサンタ
Tulipa clusiana var.chrysantha
ユリ科
(宿根草有用植物園内中央ロックガーデン)

観覧温室では


コンブレツム・グランディフロルム
Combretum grandiflorum
シクンシ科
(ジャングルゾ−ン)咲き始めです。これからしばらく楽しめそうです。


ヘリコニア・ワグネリアナ
Heliconia wagneriana
バショウ科
(ジャングルゾ−ン)
バナナと同じバショウ科です。鮮やかな赤い色をした部分は苞とよばれ、その中に小さな花があります。


ムサ・ナゲンシウム
Musa nagensium
バショウ科
(ジャングルゾ−ン)
中国雲南省より日本植物園協会海外植物事情調査の際当園職員により導入されました。


ジェイドバイン
Strongylodon macrobotrys
マメ科
(ジャングルゾ−ン)
過去最高の開花。まさに熱帯の藤棚です。毎年人工授粉を続けていますがここ1〜2年花粉の量が少なく、成功していません。


球根ベゴニア
展示会は終了しましたが、まだまだ花は見頃なので、ラン室内に展示しています。


テコマンテ・ベヌスタ
Tecomanthe venusta
ノウゼンカズラ科
(ジャングルゾーン)
例年は2月頃開花なのですが今年はかなり遅れての開花です。まだまだ見頃です。

植物園スタンプラリー


4月はバイモです


ページの先頭に戻る