ここから本文です。

農業の先輩職員

経歴の所属名は、発令当時のものです。(組織改正により、現在の所属名と異なる場合もあります。)

東山 みや子(平成18年度採用)

25nogyo

 経歴

平成18年4月 生物資源研究センター応用研究部微生物利用担当         
平成25年4月 農林水産部農産課京野菜・宇治茶・特産振興担当

 

 

 

 現在、担当している業務について教えてください。

 京野菜、宇治茶、特産(果樹花き等)の生産振興の担当に所属しています。私は、京野菜のこだわり生産認証制度に関すること、果樹の生産振興に関すること、宇治茶の流通・輸出促進に関わることを担当しており、またチームでは世界文化遺産登録に向けた取組、本年度に開催される全国お茶まつり(品評会と宇治茶イベント)の開催事務などを行っています。

 京都府職員を志望した動機・きっかけについて教えてください。

 民間の就職活動等を通して、自分は人の役に立ちたいという思いを強めました。また、自分の勉強していた農業の病害に関わる仕事をするには、都道府県職員がいいと研究室の先生から聞いたので、地元である京都府の農業職を志望しました。

 やりがいや喜びを感じるのはどんなところですか。

 現場に出て、自分が関わった試験研究で開発した技術や製品が、実際に生産者に使用してもらえて効果を喜んで頂いた時や、原因不明の症状が出て困っておられていた時に、その原因を突き止めることができ、被害をおさえられた時がうれしかったです。 

 入庁前と入庁後で、府職員や仕事に対するイメージはどう変化しましたか。

 公務員は、粛々と仕事を片付けるというイメージでしたが、試験研究でも行政でも、次々と新しいことに積極的に取り組まれているので、大変驚きました。

 受験される皆さんへのメッセージ

 京都府には京野菜や宇治茶など、世界に誇れる素材がたくさんありますが、古いものを守るだけでなく、プラスして常に新しい技術の開発や世界に向けた取組などを行い、それをさらに発展させています。是非、皆さんの意欲やパワーを活かしてほしいと思います。 

(平成25年5月取材)

 

お問い合わせ

人事委員会事務局 

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5638

jinjii-soumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?