ここから本文です。

農業土木の先輩職員

経歴の所属名は、発令当時のものです。(組織改正により、現在の所属名と異なる場合もあります。)

今井 正幸(平成17年度採用)

25nogyodoboku

 経歴

平成17年4月 中丹広域振興局農林商工部農林整備室農村整備担当                                                  平成20年4月 中丹土地改良事務所                                                                                                                         平成24年4月 農林水産部農村振興課 

 

 現在、担当している業務について教えてください。

 農地や農業用水路等の整備をする事業で、工事発注のための基準整備を行う設計積算業務を担当しています。また、市町村等が実施する、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する地籍調査で、実施の指導、事業の制度説明や補助金交付手続きの事務を担当しています。

 京都府職員を志望した動機・きっかけについて教えてください。

 農業土木を学んできたので、それを活かせるところに就職したいと考えていました。
 平成16年の台風23号の災害により、臨時募集があったのが応募のきっかけです。

 やりがいや喜びを感じるのはどんなところですか。

 農業土木の仕事は、個人の財産である農地や、地元が管理している水路等を改修したりするので、一般的な公共事業と違い受益者(地元)負担があります。そのため、地元からの要望やクレームもありますが、地元の方と一緒になって課題を解決し、その後の営農風景、育っていく作物を見ると喜びを感じます。

 今後の目標を教えてください。

 本庁で設計・積算を担当しているので、現場の担当者がミスなく、スムーズに工事等を執行できるようにするのが当面の目標です。
 農業土木の仕事は、工事完了後の地域像をイメージすることが大切であり、目標とする地域像に近づけるよう、その地域に合った施策を実施していき、農業・農村の発展に貢献していきたいと思います。

 受験される皆さんへのメッセージ

 採用試験では、自分自身がこれまでやってきたこと、これからやりたいことを自信を持って述べてください。

 

(平成25年5月取材)

 

お問い合わせ

人事委員会事務局 

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5638

jinjii-soumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?