ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府リハビリテーション支援センター > 平成31年度理学療法士等に対する修学資金貸与の募集について

ここから本文です。

平成31年度理学療法士等に対する修学資金貸与の募集について

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(以下、理学療法士等)を養成する学校等で
学ばれる方に修学資金を貸与し、府内における理学療法士等の確保・定着を
図ることとしておりますが、この度、下記のとおり募集を開始しましたのでお知らせします。

募集方法

申請については理学療法士等を養成する学校等を通じて行うものとします。

貸与希望者は在学する理学療法士等を養成する学校等に申請書を提出し、推薦を受ける必要がありますので在学する学校等に御相談ください。

上記以外または申請に必要な書類が送付されていない理学療法士等を養成する学校等については、学校等を通じて御連絡いただきましたら、申請に必要な書類を学校等あてに送付いたします。

募集人数

京都府内出身者40名

京都府外出身(高等学校卒業時の住所)30名

合計70名

今後の予定

推薦書等提出期限

平成31年5月20日(月曜日)(学校等から当センターへの提出期限)

貸与決定

平成31年6月(四半期ごとに貸与する。一回目は7月上旬予定)

〈参考〉制度の概要

理学療法士等を養成する学校等の在学者で卒業後1年以内に、
府内の医療機関等に就業しようとする者に対し、修学資金を貸与する。

 

貸与金額 36,000円/月
申請方法

理学療法士等を養成する学校等を通じて
当センターあて貸与申請書等を提出する

返還免除要件

以下のいずれにも該当するとき

理学療法士等の学校等を卒業1年以内に理学療法士等の免許を取得すること

免許取得後直ちに府内に所在する医療機関等において引き続き5年間
理学療法士等の業務に従事すること

推薦基準

推薦基準

理学療法士等養成施設の長は、次の条件に適合する者で、以下の優先順位により修学資金貸与候補者として推薦してください。

《条件》

1.平成31年度在学者で貸与を希望する者

2.学業成績が良好であり、所定の修学期間を全うし、かつ理学療法士等免許の取得が確実であると見込まれる者

3.将来、次の京都府免除対象施設において、5年間、理学療法士等として業務に従事することが確実と見込まれる者

【優先順位】
第1位京都府理学療法士等修学資金貸与の継続申請者
第2位就業希望地域が北部地域、府域(北部、京都市域以外)、京都市域の順に優先的に貸与
※1北部地域とは丹後圏域(伊根町・京丹後市・与謝野町・宮津市)及び中丹圏域(舞鶴市・綾部市・福知山市)とする。
※2第2位内においては作業療法学科在学者、言語聴覚学科在学者、理学療法学科在学者
の順に貸与

4.府外出身者は、別枠での採用となります。

ただし、希望者が30名を越える場合は、上記の優先順位に準じます。

 

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部リハビリテーション支援センター

京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 京都府立医科大学内

ファックス:075-251-5389

rehabili@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?