ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 「北部リハビリテーション支援センター」及び「舞鶴赤十字病院高次脳機能障害専門外来」の開設について

ここから本文です。

「北部リハビリテーション支援センター」及び「舞鶴赤十字病院高次脳機能障害専門外来」の開設について

報道発表日:平成30年9月14日

健康福祉部リハビリテーション支援センター
075-251-5387

舞鶴赤十字病院 地域医療連携課
0773-75-4301

 京都府では、京都府北部地域における高齢化等によるリハビリテーション需要への対応や高次脳機能障害の相談場所がない等の課題から、第2期総合リハビリテーション推進プランにおいて、北部地域におけるリハビリテーション支援機能の強化を図ることとしておりますが、この度、本府リハビリテーション支援センターのサテライト拠点として「北部リハビリテーション支援センター」を9月20日(木曜日)に開設しますので、お知らせします。

 また、同日より舞鶴赤十字病院において、北部地域では初めてとなる高次脳機能障害の専門外来を開設しますので、あわせてお知らせします。

〇北部リハビリテーション支援センターについて

 1 開設場所

京都府中丹東保健所1階

(舞鶴市字倉谷1530-23)

電話0773-75-7557

 2 主な機能

(1)リハビリテーション支援の北部活動拠点

  • リハビリテーション従事者等への相談・指導
  • 在宅リハビリテーション研修等の実施
  • 関係機関等による連携体制の構築 等

(2)高次脳機能障害者への北部支援拠点

  • 高次脳機能障害支援コーディネーターによる相談等支援※
  • 医療機関等との連携強化
  • 生活訓練の実施や支援体制の構築 等

注※高次脳機能障害支援相談窓口を併せて開設

〈電話相談〉 0773-75-7556(相談専用電話)

月曜日・木曜日(祝日除く) 午前9時~12時、午後1時~5時

  〈来所相談〉 月曜日(祝日除く完全予約制) 午後1時~4時

3 相談等支援体制

リハビリテーション支援担当(理学療法士、保健師) 2名

高次脳機能障害支援コーディネーター(理学療法士) 1名(週2日勤務)

4 キックオフイベント

(1)行事  ~北部リハビリテーション支援センター開設記念~

北部関係機関ネットワーク会議

(2)日時  10月1日(月曜日) 午前10時30分~正午

(3)場所  中丹東保健所2階 講堂

(4)内容  北部リハセンの概要と役割

意見交換

(5)出席者  北部市町関係者

丹後・中丹圏域地域リハビリテーション支援センター 等

〇舞鶴赤十字病院における高次脳機能障害専門外来について

 

1 開設場所

舞鶴市字倉谷427(舞鶴赤十字病院)

問い合わせ先:電話0773-75-4301(地域医療連携課)

2 診察日

木曜日(祝日除く完全予約制)

注※舞鶴赤十字病院に隣接する北部リハビリテーション支援センターの高次脳機能障害支援コーディネーターの相談支援業務と連携した診断の実施

 


注1※第2期総合リハビリテーション推進プラン 

 高齢化の進行に伴うリハビリ需要の増加に応えるため、リハビリ医の養成等人材の確保・育成、施設の拡充、連携体制の構築等の更なる充実・強化に加え、障害児・者等に係る具体的な施策について記載したもの。

 http://www.pref.kyoto.jp/rehabili/documents/h25rehaplan.pdf

注2※高次脳機能障害について

 事故などによる頭部への強い衝撃や脳卒中などの病気により脳を損傷することにより、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、病識の欠如などの症状が生じる。また、症状が重複していることも多い。

 社会生活上、様々な困難が生じることがあり、外見上わかりにくいうえに、本人も自覚しにくいため、周囲に理解されず本人や家族に多くの負担がかかるが、適切な支援により社会参加や就労が可能となることが多い。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部リハビリテーション支援センター

京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465 京都府立医科大学内

ファックス:075-251-5389

rehabili@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?