○京もの伝統食品の指定に関する要綱
平成19年4月24日
京都府告示第261号
京もの伝統食品の指定に関する要綱を次のように定める。
京もの伝統食品の指定に関する要綱
(目的)
第1条 この要綱は、京都府伝統と文化のものづくり産業振興条例(平成17年京都府条例第42号。以下「条例」という。)第14条及び京都府伝統と文化のものづくり産業振興条例施行規則(平成18年京都府規則第9号。以下「規則」という。)第8条第2項の規定による京もの伝統食品の指定(以下「指定」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。
(京もの伝統食品の指定)
第2条 指定は、社団法人京都府食品産業協会(平成18年4月25日に社団法人京都府食品産業協会という名称で設立された法人をいう。)その他の関係団体の長の申請に基づき行うものとする。
2 指定を申請しようとする団体の長は、京もの伝統食品指定申請書(別記第1号様式)に、当該京都の伝統食品を製造する事業者を直接又は間接の構成員(以下「構成員」という。)とする事業協同組合(中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)第3条第1号に掲げる組合をいう。以下「組合」という。)を対象として申請する場合にあっては第1号及び第2号に掲げる書類を、当該京都の伝統食品を製造する事業者の団体(組合を除く。)を対象として申請する場合にあっては第3号に掲げる書類を添えて、知事に提出するものとする。
(1) 組合の定款又は規約
(2) 組合の構成員の氏名又は名称を記載した名簿
(3) 京都の伝統食品を製造する者の名簿
3 指定は、次に掲げる事項を定めて行うものとする。
(1) 京もの伝統食品の名称
(2) 伝統的に使用されてきた原材料又は同種の原材料
(3) 伝統的な技術若しくは技法又はこれを応用した方法
(4) 食の安心・安全を確保するための措置
(5) 製造される地域
4 知事は、指定を行うときは、条例第17条第1項に規定する京都府伝統と文化のものづくり産業振興審議会(以下「審議会」という。)の意見を聴くものとする。
5 知事は、指定をしたときは、その旨を公示するものとする。
6 第2項第2号に掲げる名簿に記載された組合の構成員若しくは当該組合又は同項第3号に掲げる名簿に記載された京都の伝統食品を製造する者は、指定を受けた京もの伝統食品について、京もの伝統食品であることを表示することができる。
(平20告示527・一部改正)
(京もの伝統食品の指定の変更等)
第3条 指定の申請を行った団体の長は、指定を受けた京もの伝統食品に関して前条第2項各号に掲げる書類の記載事項又は第3項に掲げる事項に変更があったときは、京もの伝統食品変更申請書(別記第2号様式)に前条第2項各号に掲げる書類を添えて、知事に提出するものとする。
2 知事は、京もの伝統食品が次の各号のいずれかに該当するときは、審議会の意見を聴いて、その指定を変更し、又は解除することができる。
(1) 前条第3項に掲げる事項の変更の申請があったとき。
(2) 規則第8条第1項に掲げる要件に該当しなくなったとき。
(3) 京もの伝統食品として指定しておくことが、条例の趣旨に照らして適当でないと知事が認めるとき。
3 知事は、前項の規定により指定を変更し、又は解除したときは、その旨を公示するものとする。
(委任)
第4条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、知事が別に定める。
附 則
この要綱は、平成19年4月24日から施行する。
附 則(平成20年告示第527号)
この告示は、平成20年12月1日から施行する。

別記第1号様式(第2条関係)

京もの伝統食品指定申請書

年 月 日  

  京都府知事    様

所在地             

名称             

代表者氏名        印  

 京もの伝統食品の指定に関する要綱第2条第2項の規定により、下記の伝統食品を京もの伝統食品として指定されるよう申請します。

 1 指定を受けようとする京都の伝統食品の内容

  別紙1のとおり

 2 指定を受けようとする京都の伝統食品の製造者の概要

  別紙2のとおり

 3 その他参考となる事項

 別紙1

指定を受けようとする京都の伝統食品の内容

 1―1 京都の伝統食品名

 

 1―2 京都の伝統食品を分類する製品等の名称

No.

製品等の名称

製品等が確立した年代

製品等の概要

1

 

 

 

2

 

 

 

3

 

 

 

 注 1 区分する製品等がない場合には、「1」欄に、当該京都の伝統食品を記入してください。

   2 個別の商品名を記入するのではなく、当該京都の伝統食品を分類する製品等がある場合に、その名称等について記入してください。

   3 「No.」欄は、1―3(主要な原材料)のNo.に対応させて、記入してください。

   4 「製品等が確立した年代」欄には、申請者において知り得る年代を記入してください。

   5 「製品等の概要」欄には、当該製品等の由来、特徴などを記入してください。

 1―3 主要な原材料

 【No.1        】

伝統的に使用されてきた主要な原材料

現在の主要な原材料(伝統的に使用されてきた原材料と同種の原材料)

原材料名

主要産地

備考

原材料名

主要産地

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【No.2        】

伝統的に使用されてきた主要な原材料

現在の主要な原材料(伝統的に使用されてきた原材料と同種の原材料)

原材料名

主要産地

備考

原材料名

主要産地

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【No.3        】

伝統的に使用されてきた主要な原材料

現在の主要な原材料(伝統的に使用されてきた原材料と同種の原材料)

原材料名

主要産地

備考

原材料名

主要産地

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 注 1 当該京もの伝統食品が成立する上で必須となる原材料など主要な原材料について記入してください。

   2 1―2の「製品等の名称」欄に記入した製品ごとに記入してください。複数の製品がない場合は、当該京都の伝統食品についてのみ記入してください。

   3 「備考」欄には、原材料の配合や構成など、原材料に関して特記すべき事項があれば記入してください。

   4 「現在の主要な原材料」欄には、伝統的に使用されてきた原材料が何らかの理由で確保できなくなったなどの理由で、現在ではその原材料が同種の原材料に変更されている場合に、伝統的な原材料名に対応させて記入してください。現在も伝統的な原材料を使用している場合には、その原材料について記入していただく必要はありません。伝統的な原材料と同種の原材料を使用する両方のケースがある場合には、一般的なケースについて記入してください。

 1―4 製造等の主要な工程

 【No.1        】

伝統的な技術又は技法による製造等の工程名

作業内容

現在の主たる製造方法

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【No.2        】

伝統的な技術又は技法による製造等の工程名

作業内容

現在の主たる製造方法

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【No.3        】

伝統的な技術又は技法による製造等の工程名

作業内容

現在の主たる製造方法

備考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 注 1 当該京都の伝統食品が成立する上で必須となる工程など製造等の主要な工程について記入してください。

   2 1―2の「製品等の名称」欄に記入した製品ごとに記入してください。複数の製品がない場合は、当該京都の伝統食品についてのみ記入してください。

   3 「作業内容」欄には、各工程の作業の内容が明確となるよう具体的に記入してください。

   4 「現在の主たる製造方法」欄には、伝統的な技術又は技法により現在も製造等が行われている場合は「伝統」、伝統的な技術又は技法による製造方法等に加え、応用した製造方法(機械化など)が用いられている場合は「伝統・応用」、現在は応用した製造方法(機械化など)が用いられている場合は「応用」と記入してください。

   5 「現在の主たる製造方法」欄に「応用」と記入された場合は、備考欄にその製造等の工程に関し特記すべき事項を記入してください。

 1―5 伝統的な技術又は技法

 【No.1        】

技術又は技法の名称

具体的な内容

 

 

 

 

 

 

 【No.2        】

技術又は技法の名称

具体的な内容

 

 

 

 

 

 

 【No.3        】

技術又は技法の名称

具体的な内容

 

 

 

 

 

 

 注 1 当該京もの伝統食品が成立する上で必須となる伝統的な技術又は技法について記入してください。現在はそれを応用した手法を使用する場合であっても、その基となる技術又は技法の名称について記入してください。

   2 1―2の「製品等の名称」欄に記入した製品ごとに記入してください。複数の製品がない場合は、当該京もの伝統食品についてのみ記入してください。

   3 「具体的な内容」欄には、技術又は技法の内容が明確となるよう具体的に記入してください。

 1―6 食の安心・安全のための措置

 【No.1        】

食の安心・安全のための措置等

具体的な内容

 

 

 

 

 【No.2        】

食の安心・安全のための措置等

具体的な内容

 

 

 

 

 【No.3        】

食の安心・安全のための措置等

具体的な内容

 

 

 

 

 注 1 当該京都の伝統食品の安心・安全の確保のために講じている措置等について記入してください。

   2 1―2の「製品等の名称」欄に記入した製品ごとに記入してください。複数の製品がない場合は、当該京都の伝統食品についてのみ記入してください。

   3 「具体的な内容」欄には、措置の内容が明確となるよう具体的に記入してください。

 別紙2

指定を受けようとする京都の伝統食品の製造者の概要

 2―1 組合又は京都の伝統食品を製造する事業者の団体の概要

名称

 

代表者

 

所在地

 

設立年月日

 

組合員数又は構成者数

 

 注 1 組合の場合は、定款及び構成員の氏名又は名称を記載した名簿を添付してください。

   2 京都の伝統食品を製造する事業者の団体の場合は、構成員の氏名又は名称を記載した名簿と、規則又は会則がある場合は、添付してください。

製造地域

企業数

従業者数

出荷額(千円)

 

 

 

 

 注 1 「製造地域」欄には、市町村名を記入し、当該市町村ごとに「企業数」欄に該当する数を記入してください。

   2 「出荷額」欄には、当該伝統食品の総出荷額を記入してください。

第2号様式(第3条関係)

京もの伝統食品指定変更申請書

年 月 日 

  京都府知事    様

所在地            

名称            

代表者氏名        印 

   年 月 日付け  号で京もの伝統食品の指定を受けた    について、京もの伝統食品の指定に関する要綱第3条第1項の規定により、下記のとおり変更されるよう申請します。

 1 変更事項の内容及び事由

項目

変更事項の内容

変更の事由

変更前

変更後

 

 

 

 

 

 

 

 

 注 「項目」欄は、変更しようとする指定の内容の別(京もの伝統食品の名称、伝統的に使用されてきた原材料又は同種の原材料、伝統的な技術若しくは技法又はこれを応用した方法、安全性を確保するための措置又は京もの伝統食品の製造される地域の別)を記入してください。

 2 要綱第2条第2項各号に掲げる書類の変更

項目

変更事項の内容

変更の事由

変更前

変更後

 

 

 

 

 

 

 

 

 注1 「項目」欄は、変更する内容の別(組合の定款、組合の構成員の氏名又は名称を記載した名簿、京都の伝統食品を製造する事業者の団体の規約又は会則、京もの伝統食品を製造する者の名簿)を記入してください。

  2 変更後の要綱第2条第2項各号に掲げる書類を添付してください。