ここから本文です。

京都学・歴彩館 「井田照一展」の開催

 

井田照一(1941-2006)は京都を拠点に国内外で活躍、京都から世界に発信し続けた作家です。

井田は1941(昭和16)年、京都市に生まれました。京都市立美術大学西洋画科に入学した井田は、独学で石版画の技法を習得し、複数制作を可能とする版画というメディアに自らの表現の場を見出します。そして1960年代半ば、明快な色と豊かなフォルムで構成されたリトグラフで、その名を知られることになりました。約40年間におよぶ実践の中で、油彩画、パステル画、彫刻、ペーパーワーク、陶芸、パフォーマンスなど、多様な領域に拡大する表現の根幹にあり続けたのは、独自のプロセスを経ることでしか生み出されない「版画」という方法でした。

本展では、多様な技法でその造形世界を反復/変容させてきた井田の軌跡を、京都府が所蔵する版画作品を中心にご紹介します。

1 会期

平成30年7月14日(土曜日)〜9月9日(日曜日)

【開室時間】平日 9時~18時

土日 9時~17時

【休館日】祝日、第2水曜日

2 開催場所

京都学・歴彩館1階展示室(京都市左京区下鴨半木町1-29)

 

3 入場料

無料

 

4 関連事業

【ギャラリートーク】

平成30年7月26日(木曜日)および8月30日(木曜日) それぞれ14時30分より30分程度

 

【「井田照一展示」関連資料の紹介(場所:2京都資料総合閲覧室)】

期間:平成30年7月12日(木曜)~9月9日(日曜)

 

5 主な展示品

井田照一《KONYAKUⅡ》1965年、京都府蔵(京都文化博物館管理)

井田照一《Untitled》1966年、京都府蔵(京都文化博物館管理)

井田照一《Pink Cake》1967年、京都府蔵(京都文化博物館管理)など

 

次回の展示

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?